ついにアリババ株を売却した孫社長の胸の内

なぜ今、資産売却を急いでいるのか

ベライゾンは、ソフトバンク子会社の携帯大手、米スプリントのライバル企業。「拒否権を有する35%の株式を競合相手に持たれては、日本のヤフーの意思決定が遅れる」というのが、ヤフー株買い増し説の主な根拠だ。

だが、ソフトバンク副社長のニケシュ・アローラ氏は、アリババの投資家との電話会議で、「ソフトバンクは米国のもの(things)を買うつもりはない。われわれは米ヤフー(の再建など経営)にはかかわっていない」と明確に否定している。

実際は手元資金も潤沢

次に考えられる理由は、ソフトバンク自身が説明する、巨額負債の返済である。

ソフトバンクの有利子負債は3月末で11兆9224億円と巨額。全上場企業ではトヨタ自動車に次ぐ。

しかも、1年以内に返さなければいけない“返済圧力”は、年々増している。2015年3月末と比較すると、今年3月末の返済圧力は、6293億円も増えている。

ただし、これも資産売却を急ぐ理由としては、説得力に欠けよう。返済圧力1.5兆円のうち、短期借入金などロールオーバー(借り換え)がプログラム化されているものを除くと、約7700億円。手元資金も減ったとはいえ、3月末で2.5兆円ある。会社側も「株式売却に頼らずとも償還に懸念はない」とする。

次ページ孫社長にとっては当然か?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。