日本銀行は民意に応えられるか?

市場動向を読む(為替)

実際、ドル円が特に高い相関を示してきた米国債2年物金利の趨勢的な低下が止まった昨年秋以降、FRBの量的緩和拡充が続く中で、ドル円はむしろ底入れ色を強めてきた。米ドルの通貨インデックスに至っては、09年にFRBが量的緩和を拡充し始めてから、むしろ、02年以降の長期的なドル安局面を脱し、横ばいトレンドに移行する動きを強めてきた。

このように、量的緩和と為替相場の関係は極めて曖昧である。「安倍政権の発足を受け、日銀の金融緩和色が強まり、円高是正が進む」という見解は、根拠や実証性に乏しい脆弱な議論だと言える。

今回の円安は投機主導、巻き戻しの円高は厳しくなる

筆者は、日本の国際収支悪化を背景に、長期円高が1年前に終焉した(ドル円は07年以降の長期下落トレンドが、値幅10円程度のドルの安値保ち合いに移行した)と考えてきた。今回の円安局面も、日銀人事が佳境を迎える2013年2、3月頃まで続くと睨んでいるが、投機主導で加速した今回の円安局面は、その巻き戻しによる円高も相当厳しくなると思う。

だが、安倍政権の発足が全く無意味な訳ではなかろう。特に、12年12月20日の金融政策決定会合の議長指示で、日銀がインフレ目途を、恐らくもう少し拘束性の強い「インフレ目標」という名称に変更し、水準を1%から2%へ引き上げることが濃厚となった。

次ページドル円相場は日米のインフレ格差を織り込み
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT