日本銀行は民意に応えられるか?

市場動向を読む(為替)

実際、ドル円が特に高い相関を示してきた米国債2年物金利の趨勢的な低下が止まった昨年秋以降、FRBの量的緩和拡充が続く中で、ドル円はむしろ底入れ色を強めてきた。米ドルの通貨インデックスに至っては、09年にFRBが量的緩和を拡充し始めてから、むしろ、02年以降の長期的なドル安局面を脱し、横ばいトレンドに移行する動きを強めてきた。

このように、量的緩和と為替相場の関係は極めて曖昧である。「安倍政権の発足を受け、日銀の金融緩和色が強まり、円高是正が進む」という見解は、根拠や実証性に乏しい脆弱な議論だと言える。

今回の円安は投機主導、巻き戻しの円高は厳しくなる

筆者は、日本の国際収支悪化を背景に、長期円高が1年前に終焉した(ドル円は07年以降の長期下落トレンドが、値幅10円程度のドルの安値保ち合いに移行した)と考えてきた。今回の円安局面も、日銀人事が佳境を迎える2013年2、3月頃まで続くと睨んでいるが、投機主導で加速した今回の円安局面は、その巻き戻しによる円高も相当厳しくなると思う。

だが、安倍政権の発足が全く無意味な訳ではなかろう。特に、12年12月20日の金融政策決定会合の議長指示で、日銀がインフレ目途を、恐らくもう少し拘束性の強い「インフレ目標」という名称に変更し、水準を1%から2%へ引き上げることが濃厚となった。

次ページドル円相場は日米のインフレ格差を織り込み
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT