「中央銀行バブル」は、いつ完全にはじけるか

ギリシャ神話「イカロスの翼」になる危険性

結局FEDや中央銀行は、目標としてインフレ数値という太陽を掲げながら、実際には近づいてはいけないというジレンマがある。そこで彼らは政治に財政出動を訴えるのだが、仮に実現しても、財政はどこに使うのか。世界が似たようなジレンマになった1937年、当時の先進国は第二次世界大戦という実需を選んでしまった。だが今の様相は少し違う。

この250年、世界を牽引した米英の政治は、まだまだ孤立主義を選ぶ可能性がある。しかし、バーナンキ、イエレンと続くハト派のFEDを筆頭に、中央銀行では、古臭い偽りの資本主義の殻を捨ててでも、新しい試みが始まっている。

最後は「ヘリコプター」で資本主義の終焉へ?

ヘリコプターマネーは、簡単に言えば減税等で国民に直接マネーを配分し、財政の欠落は中央銀行が負担することで、究極は国の借金までも帳消しに出来るという夢のようなストーリーだ。

1999年、FEDに入る前のバーナンキ前FRB議長が、プリンストン大の教授だった頃、日本と日銀を舞台に、この実験の提唱(英文)をしている。

この理論は、保守派を抱える欧米ではまだまだ実現不可能だ。だが今の日本のように、強い政権で日銀の協力が可能なら実験してみたらどうか。米国のリベラル派からはそんな囁きが聞こえている。

いずれにしても、デフレの低空飛行が続き、新しい方策のための時間が稼げる場合、中央銀行にはまだまだ救世者としての期待がかかる。しかし、何らかの理由で(天災など)、予期せぬインフレが起こった時は、米国を代表する投資家の一人であるピーター・ティールが英FTで語ったような「最後のバブル」がはじける時になるだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT