「中央銀行バブル」は、いつ完全にはじけるか

ギリシャ神話「イカロスの翼」になる危険性

そうなると、いくらタカ派的発言をしても、市場は信用しない。結果、過剰なリスクテイクが進むことをFEDは恐れる。結局FEDは、威信を守るために、本当はやりたくない追加利上げに追い込まれるリスク。ただし今回はFOMCを前にBrexitの懸念が増幅され先週から株価は下落していた。この環境なら、FEDは利上げをする必要はなかったのだろう。

だがBrexitはどうなるかわからない。そもそも国民投票には法的拘束力はなく、仮に国民投票がYESでも、議会が承認するプロセスがある。また、もしそこで米株が新高値を更新するようなことにでもなれば、7月のFOMCでの利上げの可能性はぐっと高まる。

米国金融政策のジレンマとは?

ところで、今のFEDには1)雇用促進2)インフレ抑制の相反する二つの政策目標がある(ダブルマンデイトという)。この起源は1946年。当事FEDは政権から独立した存在という立場ではなく、その後、独立性が高まるにつれ、インフレ抑制重視になった(マクチェスニー議長の頃といわれる)。

そしてダブルマンデイトに戻したのが1977年。この頃は雇用と成長の関係が代表的な「フィリップスカーブ」などで解説できた時代だ。しかし今の米国経済の姿は明らかに違う。

GDPの主力は個人消費である。中でもミレニアル世代(米国で2000年代に成人や社会人になった世代)は、物よりもサービスにお金をかける。雇用も失業率の基になる労働参加率は低水準。一方でUBERなど、新しいサービスなども生まれている。

日頃の発言から、筆者は恐らくイエレン議長をはじめFED関係者が、「これまでのFEDのルールブックが時代に合わない」ことを感じていると思う。

ただFEDの法律が変わらない限り、彼らが自分達でルールブックを変えるのは限定的でしかない。政策の理由づけは、昔ながらの形式的なモノになる。結果、市場は迷う。そうなるとFEDは「データ次第」と言葉で時間を稼ぐしかない。しかし、実際はデータ次第ではなく、マーケット次第、株価次第になっている。それが前述の「チャートの暴露」に繋がった。

では、FEDの政策は今後どうなるのか。経済は既に個人消費中心だ。リーマンショック後は、貧富の差拡大は承知の上で金融政策を拡大してきた。ところが、先進国でのデフレの三要素、1)ハイテク化 2)貿易拡大 3)老齢化のパワーは強烈だ。

そこで先進国の中央銀行は、強烈なインフレ要因の流動性の拡大(マネープリントQE)で対抗してきた。しかし現状の実態経済の需要は乏しく、膨大な流動性は、債券市場でのマイナス金利を促進している。ただ天災や戦争などの人災でも突然モノの値段は上がる。インフレは突然やってくることがある。その時の準備は出来ているのだろうか。

いずれにしても、現在の先進国の中央銀行は、ギリシャ神話の「イカロスの翼」のような状態にある。イカロスは、海面から上空を飛びなから太陽を目指した神である。しかし、最後、太陽に近づきすぎたため、蝋でできた翼は熔けてしまった。そして墜落して死んだ。

次ページ中央銀行は「イカロス神話」のような状態
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT