米ディズニーホテルの沼で2歳児の遺体発見

犯人はワニ

 6月14日、米フロリダ州オーランドのテーマパーク「ディズニーワールド」にあるホテルの湖沼で2歳の男児がワニに引きずり込まれ、行方不明になった事件で、警察は15日、男児の遺体を発見した。写真は現場の様子(2016年 ロイター/Adrees Latif)

[オーランド(米フロリダ州) 14日 ロイター] - 米フロリダ州オーランドのテーマパーク「ディズニーワールド」にあるホテルの湖沼で2歳の男児がワニに引きずり込まれ、行方不明になった事件で、警察は15日、男児の遺体を発見した。

男児は14日午後、「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」に隣接する湖沼「セブン・シーズ・ラグーン」の水辺で遊んでいたところ、全長1.2─2メートルのワニに襲われ、直後に男児の父親が助け出そうとしたが、行方が分からなくなっていた。

遺体は行方不明になった場所の近くでダイバーが発見した。損傷はなく、溺死とみられるという。

野生動物当局は事件を受け、湖沼に生息するワニ5匹を捕獲。ただ、この中に男児を襲ったワニがいるかどうかは、まだ判断できないとしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT