「トヨタは超二流」に込めた章男社長の覚悟 減益予想で迎えた株主総会、株主の反応は?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

――完全自動運転を早く開発していただきたい。

伊勢清貴専務役員:完全自動運転を目指して開発を進めているが、無人運転、ドライバーのいない車を目指しているわけではない。トヨタの考えは、ドライバーを支援し、楽しみと自動の両立を目指している。自動運転技術によって、高齢者が少しでも長く運転を楽しめるようにしたい。目の見えない方が行きたいところに行けることも目指しており、一刻も早い完全自動運転に向けて頑張っていく。

エアバッグ問題では対応追いつかず

――豊田章男社長がマツコ・デラックスの番組など、経済以外のメディアへの出演が増えているのはなぜか。

今年5月の決算説明会の時の豊田章男社長。最近はメディアへの露出もやや増えた(撮影:尾形文繁)

豊田社長:マツコさんとの出会いはトヨタのCMに出られたのがきっかけ。大変律儀な方で、トヨタのCMが決まったとき、他社の自動車を発注していたのをキャンセルして、レクサスを買われた。偶然、その販売員が私の担当でもあり、親しくお話をさせていただくようになった。その中で、株主総会や記者会見で面白みがない、もう少し素を出したらどうか、と提案をいただいて出演した。

(撮影は)何のシナリオもなく、(トヨタの)元町工場の連中が社長の私に何の気遣いもなく案内していた姿が出たことで、「トヨタって気さくな会社」「トヨタの社員はこんな感じなんだ」ということが伝わった。

――タカタ製エアバッグのリコール問題への対応策を聞きたい。

佐藤和弘常務役員:日本では、トヨタ車の2割から3割にタカタ製エアバッグを搭載している。交換部品を一生懸命準備しているが、まだまだ十分に供給できていない。メーカーと一緒に一刻も早く提供できるようにしたい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT