トヨタ「オーリス」今さらHVを追加した理由

実は4代目プリウスのDNAが宿っている

ハイブリッド仕様が追加されたトヨタ「オーリス」(写真はトヨタグローバルニュースルームより)

トヨタ自動車の「オーリス」というクルマをご存じだろうか。フォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」、メルセデス・ベンツ「Aクラス」、BMW「1シリーズ」、アウディ「A3」など世界的な激戦区ともいえるCセグメントに属する5ドアハッチバック車だ。初代は2006年に登場。現行モデルとなる2代目は2012年から日本国内で販売している。

オーリスがハイブリッド車仕様を初めて追加

そのオーリスが今年4月にハイブリッド車(HV)仕様を初めて追加して発売した。排気量1.8リットル(L)エンジンとモーターを組み合わせたパワートレーンを軸に、ガソリン1リットル当たり30.4キロメートル(30.4km/L、JC08モード)の燃費性能を達成。車両本体は262万円からという価格設定だ。オーリスはこのほか1.2L直噴ターボ、1.5L、1.8Lの自然吸気(NA)エンジンを搭載するモデルも取り揃えている。

それにしても現行モデルの登場から4年。「何を今さら」という感も正直拭えない。HV専用モデルを除いて考えてみると、トヨタは販売台数の多い売れ筋の車種にHV仕様を設定していることが多い。半面、オーリスの2015年の日本での販売台数は約8000台で売れ筋車種の1カ月分にも満たない。月間平均に直せば700台弱と、自動車業界であまり売れていないクルマのことを揶揄する「3ケタクラブ」の常連で、オーリスの存在自体を知らない読者も少なくないのではないだろうか。

現行オーリスは初代よりも全高を下げ、シャキッとした直線基調のエクステリアを採用。当時「常識に尻を向けろ!!」と言うテレビCMが話題となったが、クルマそのものは鳴かず飛ばず。2013年と2015年の2回にわたって人気アニメ「機動戦士ガンダム」とコラボしたカスタマイズカー「シャア専用オーリス」が限定発売され一部のファンから好評を受けたが、全体の売れ行きを押し上げる要因にはなっていない。

次ページオーリスがハイブリッドを追加した理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT