トヨタ「オーリス」今さらHVを追加した理由

実は4代目プリウスのDNAが宿っている

ハイブリッド仕様が追加されたトヨタ「オーリス」(写真はトヨタグローバルニュースルームより)

トヨタ自動車の「オーリス」というクルマをご存じだろうか。フォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」、メルセデス・ベンツ「Aクラス」、BMW「1シリーズ」、アウディ「A3」など世界的な激戦区ともいえるCセグメントに属する5ドアハッチバック車だ。初代は2006年に登場。現行モデルとなる2代目は2012年から日本国内で販売している。

オーリスがハイブリッド車仕様を初めて追加

そのオーリスが今年4月にハイブリッド車(HV)仕様を初めて追加して発売した。排気量1.8リットル(L)エンジンとモーターを組み合わせたパワートレーンを軸に、ガソリン1リットル当たり30.4キロメートル(30.4km/L、JC08モード)の燃費性能を達成。車両本体は262万円からという価格設定だ。オーリスはこのほか1.2L直噴ターボ、1.5L、1.8Lの自然吸気(NA)エンジンを搭載するモデルも取り揃えている。

それにしても現行モデルの登場から4年。「何を今さら」という感も正直拭えない。HV専用モデルを除いて考えてみると、トヨタは販売台数の多い売れ筋の車種にHV仕様を設定していることが多い。半面、オーリスの2015年の日本での販売台数は約8000台で売れ筋車種の1カ月分にも満たない。月間平均に直せば700台弱と、自動車業界であまり売れていないクルマのことを揶揄する「3ケタクラブ」の常連で、オーリスの存在自体を知らない読者も少なくないのではないだろうか。

現行オーリスは初代よりも全高を下げ、シャキッとした直線基調のエクステリアを採用。当時「常識に尻を向けろ!!」と言うテレビCMが話題となったが、クルマそのものは鳴かず飛ばず。2013年と2015年の2回にわたって人気アニメ「機動戦士ガンダム」とコラボしたカスタマイズカー「シャア専用オーリス」が限定発売され一部のファンから好評を受けたが、全体の売れ行きを押し上げる要因にはなっていない。

次ページオーリスがハイブリッドを追加した理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT