「栄養失調」と「肥満」、世界で同時に増加中

疾病リスクが高まっている

6月14日、世界の人口の3分の1は栄養失調または体重過多の状態にあり、病気の発症リスクが高まるとともに、保健サービスがますます圧迫されていることが国際調査で明らかになった。シドニーで昨年8月撮影(2016年 ロイター/DAVID GRAY)

[ロンドン 14日 ロイター] - 世界の人口の3分の1は栄養失調または体重過多の状態にあり、それにより病気の発症リスクが高まるとともに、保健サービスがますます圧迫されていることが、「世界栄養報告」(GNR)で明らかになった。

14日に発表された2016年版によると、肥満または体重過多の割合は世界の全地域とほとんどの国で上昇した。また、少なくとも57カ国が、深刻な栄養失調の割合と同時に、体重過多や肥満の成人増加という二重の重荷を抱えていることも分かった。

栄養失調は、世界の5歳以下の子供の死因の半分を占めているほか、食糧不足とともに病気発祥の最大の原因となっている。

一方、体重過多の人や、糖分、塩分、脂質、コレステロールの血中濃度が高い人は、肥満のほか、心臓疾患、糖尿病、ガンの発症リスクが高くなっている。

GNRは独立の専門家団体が作成し、国際食糧政策研究所(IFPRI)が監督。米国や英国など多数の国の政府、欧州委員会、ビル・ゲーツ財団などが資金提供している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT