バフェット氏と昼食の権利、3.66億円で落札

2012年に匿名の落札者が支払ったのと同水準

 6月11日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(85)と昼食を共にする権利のオンラインオークションが10日夜に終了し、匿名の落札者が345万6789ドル(約3.66億円)で落札した。写真は昨年9月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[11日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(85)と昼食を共にする権利のオンラインオークションが10日夜に終了し、匿名の落札者が345万6789ドル(約3.66億円)で落札した。

今年の落札額は、2012年に匿名の落札者が支払ったのと同水準で、過去最高とタイ記録となった。

落札者は、ニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォーレンスキー」でバフェット氏と一緒に昼食を取ることができ、7人まで友人を連れて来ることができる。バフェット氏の次の投資先以外、あらゆる話題で話すことが可能という。

毎年恒例となったこのオークションは、2004年に死去したバフェット氏の最初の妻スーザンさんの発案で2000年に始められ、収益金はサンフランシスコのテンダーロイン地区で貧困層やホームレスを支援する「グライド基金」に寄付される。これまで計17回のオークションで累計約2360万ドルを集めた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT