バフェット氏と昼食の権利、3.66億円で落札

2012年に匿名の落札者が支払ったのと同水準

 6月11日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(85)と昼食を共にする権利のオンラインオークションが10日夜に終了し、匿名の落札者が345万6789ドル(約3.66億円)で落札した。写真は昨年9月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[11日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(85)と昼食を共にする権利のオンラインオークションが10日夜に終了し、匿名の落札者が345万6789ドル(約3.66億円)で落札した。

今年の落札額は、2012年に匿名の落札者が支払ったのと同水準で、過去最高とタイ記録となった。

落札者は、ニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォーレンスキー」でバフェット氏と一緒に昼食を取ることができ、7人まで友人を連れて来ることができる。バフェット氏の次の投資先以外、あらゆる話題で話すことが可能という。

毎年恒例となったこのオークションは、2004年に死去したバフェット氏の最初の妻スーザンさんの発案で2000年に始められ、収益金はサンフランシスコのテンダーロイン地区で貧困層やホームレスを支援する「グライド基金」に寄付される。これまで計17回のオークションで累計約2360万ドルを集めた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。