中国レノボのスマホは、日本で成功できるか

徹底した"脱中国"ブランド戦略を推進

アシュトン・カッチャー氏もイベントに登場

そのために、映画『スティーブ・ジョブズ』でジョブズ役を演じたアシュトン・カッチャー氏と契約し(関連記事)、公式なレノボの製品アドバイザーとして参画させるなどの仕掛けを積極的に進めている。

これも、米国市場での存在感を高め、安価な中国メーカーではなく、「あのThinkPad」や「あのMoto」を商品力落とすことなく作っているカッコいいメーカーと見せたいのだ。

だからこそサンフランシスコで開催することが重要であり、各ブランドの機器が生まれる組織を大きくは変えない。とりわけ、このイベントで発表されたMoto ZおよびMoto Z Froceは、アップルやサムスンとは異なる方向の付加価値を生み出せるメーカーであることを示すうえで重要だったのだ。

一方、日本市場に目を向けると、サーバ部門とパソコン部門が強さを発揮しているものの、たとえばパソコン部門はThinkPad一辺倒で、「レノボ」ブランドのパソコンは定着しているとは言い難い。また、スマートフォンが提供されていないため、そもそも楊CEOが言うコネクティビティに根差した商品戦略は完結しない。楊CEOは本誌インタビューの中で昨期中に日本でもスマートフォンを発売すると明言しながら、まだ登場していないという事実もある。

日本市場におけるレノボは、グローバルと比べたときにかなり特殊な立ち位置にあるわけだ。しかし、スマートフォンが発売されないことには、楊CEOの描くビジョンは達成できない。とはいえ、CEOの発言が「ウソだった」ということもないだろう。おそらく近い将来、彼らは昨年から継続して交渉している端末で、近く日本市場参入を果たすのではないだろうか。

「Moto Z」はSIMフリー版販売を検討

また、日本市場投入が検討されているMoto Zに関しては、どうやら輸入代理店がついて、レノボとは別経路でのSIMフリー版販売が検討されているようだ。商品力は極めて高いだけに、いずれ存在感を出してくればキャリア扱いのメーカーとして旧モトローラのMotoが復活を果たす可能性も出てくるだろう。

iPhoneはいまだに強い商品力と存在感を誇っているが、ブランドの面ではピークアウトしつつある。一方、サムスン電子のGalaxyやソニーのXperiaといったブランドは、プラットフォームを持たない(グーグルが保有している)ことを考えれば、同じプラットフォームの他メーカーにいつでもその座を奪われる不安定さがある。

レノボがその特殊な立ち位置を上手に使いこなせれば、日本市場でMotoやレノボ、あるいは日本市場限定でThinkPadブランドやNECブランドのスマートフォンがキャリアから発売される時代がやって来る……なんて話も、決して絵空事ではなくなるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。