iPhone7は3種類?「モデル急増説」は本当か

成熟期に対応したビジネスモデルを模索

iPhoneSEは新興国でのユーザー獲得を目的にしている。写真はニューデリーで4月撮影(2016年ロイター/ANINDITO MUKHERJEE)

6月13日、アップルはWWDC(World Wide Developers Conference) 2016を開催する。まだ1カ月近く先のことではあるが、1-3月期決算が予想以上に不振だったこともあり、現在から「何か新しいこと」あるいは「何か新しいもの」を期待する声、そしてそれ以上に「もうアップルは限界ではないか?」といった声が挙がっている。

加えて詳細な機能は明らかではないものの、大幅なアップデートが施されるとみられる次期iPhone(iPhone 7)がシリーズ全3製品で構成されるとの情報も出始めた。毎年、この時期には生産準備のため、断片的な情報が漏れ始めることから、3つの異なる製品でシリーズを構成する話には現実味がある。

iPhone新製品が持つ大きな意味

アップル、そしてiPhoneへの注目は、一企業、一ブランド、一製品に対する興味というだけでなく、スマートフォンを中心としたエレクトロニクス市場全体を推し量るバロメーターにもなっている。

CEOのティム・クック氏はiPhone 7について「それなしには生きていけなくなり、想像もつかない新機能」があると予告した。スマートフォンはソフトウェアとハードウェア、そしてネットワークサービスの三大要素で構成されるが、WWDCではソフトウェアおよびサービスの面で、今年の新製品を示唆する何らかの発表があると期待されている。

さて、WWDCでの発表については現地からレポートする予定だが、それ以前に現在のスマートフォン市場の状況を整理しておきたい。

次ページ今のスマホ市場はどうなっているのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。