iPhone7は3種類?「モデル急増説」は本当か

成熟期に対応したビジネスモデルを模索

iPhoneSEは新興国でのユーザー獲得を目的にしている。写真はニューデリーで4月撮影(2016年ロイター/ANINDITO MUKHERJEE)

6月13日、アップルはWWDC(World Wide Developers Conference) 2016を開催する。まだ1カ月近く先のことではあるが、1-3月期決算が予想以上に不振だったこともあり、現在から「何か新しいこと」あるいは「何か新しいもの」を期待する声、そしてそれ以上に「もうアップルは限界ではないか?」といった声が挙がっている。

加えて詳細な機能は明らかではないものの、大幅なアップデートが施されるとみられる次期iPhone(iPhone 7)がシリーズ全3製品で構成されるとの情報も出始めた。毎年、この時期には生産準備のため、断片的な情報が漏れ始めることから、3つの異なる製品でシリーズを構成する話には現実味がある。

iPhone新製品が持つ大きな意味

アップル、そしてiPhoneへの注目は、一企業、一ブランド、一製品に対する興味というだけでなく、スマートフォンを中心としたエレクトロニクス市場全体を推し量るバロメーターにもなっている。

CEOのティム・クック氏はiPhone 7について「それなしには生きていけなくなり、想像もつかない新機能」があると予告した。スマートフォンはソフトウェアとハードウェア、そしてネットワークサービスの三大要素で構成されるが、WWDCではソフトウェアおよびサービスの面で、今年の新製品を示唆する何らかの発表があると期待されている。

さて、WWDCでの発表については現地からレポートする予定だが、それ以前に現在のスマートフォン市場の状況を整理しておきたい。

次ページ今のスマホ市場はどうなっているのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT