レノボ高級スマホは、日本にもやって来る

渾身の最上位機種は独自に進化

レノボの「Moto Z Force」はハイエンド端末。スマートフォンは純粋にハードウェアとしても大きな進化を続けるものであることを印象付けた

中国が誇るハイテクメーカーであるレノボは、米サンフランシスコでスマートフォン、PC、サーバなどグループが作る製品を集めたイベント「Lenovo Tech World 2015」を開催した。日本ではThinkPadシリーズを中心に堅実に売れるPCメーカーとして知られているが、グローバルではスマートフォンメーカーとしても存在感を持っている。前回の記事(グーグル最新スマホの「未来感」はハンパない)に引き続き、このイベントの模様をお届けする。

レノボは自社製スマートフォンを開発・販売し中国を中心にそれなりに存在感を持っていた。そこに加わったのがモトローラ。グーグルが買収していたモトローラのうち、端末部門をレノボが取得。Lenovoブランドだけでなく、モトローラを源流とするMotoブランドを手に入れた。2014年1月のことだ(関連記事)。

モトローラは独立性を維持

レノボは買収した企業の持つブランドや組織を毀損しないよう、ブランド戦略や人的資源の活用を慎重に行ってきた。前述したThinkPadはその最たる例で、ThinkPadを生み出してきたIBM大和研究所の元パソコン部隊は、いまでもノート型パソコン開発の主要拠点となっている。同様のことは、NECブランドのパソコンについても言える。

この姿勢はモトローラの端末部門買収においても変化していない。モトローラは独立性を維持したまま、レノボの持つ生産・開発能力を活用できるようになった。そんなモトローラの開発した最上位モデル「Moto Z」は、iPhoneのスペックを追いかけるだけのiPhoneフォロワーが多いAndroid端末メーカーの中にあって、実に特徴ある製品に仕上がっていた。

パソコン並みの成熟市場になりつつあると認識されているスマートフォン業界において、ここまでハードウェアでの差異化に挑戦している点は、素直に評価したい。アップル、サムスン電子の2強以外からこうした製品が出てくることには驚きを感じた。

次ページMoto Zの実力は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT