レノボ高級スマホは、日本にもやって来る

渾身の最上位機種は独自に進化

レノボの「Moto Z Force」はハイエンド端末。スマートフォンは純粋にハードウェアとしても大きな進化を続けるものであることを印象付けた

中国が誇るハイテクメーカーであるレノボは、米サンフランシスコでスマートフォン、PC、サーバなどグループが作る製品を集めたイベント「Lenovo Tech World 2015」を開催した。日本ではThinkPadシリーズを中心に堅実に売れるPCメーカーとして知られているが、グローバルではスマートフォンメーカーとしても存在感を持っている。前回の記事(グーグル最新スマホの「未来感」はハンパない)に引き続き、このイベントの模様をお届けする。

レノボは自社製スマートフォンを開発・販売し中国を中心にそれなりに存在感を持っていた。そこに加わったのがモトローラ。グーグルが買収していたモトローラのうち、端末部門をレノボが取得。Lenovoブランドだけでなく、モトローラを源流とするMotoブランドを手に入れた。2014年1月のことだ(関連記事)。

モトローラは独立性を維持

レノボは買収した企業の持つブランドや組織を毀損しないよう、ブランド戦略や人的資源の活用を慎重に行ってきた。前述したThinkPadはその最たる例で、ThinkPadを生み出してきたIBM大和研究所の元パソコン部隊は、いまでもノート型パソコン開発の主要拠点となっている。同様のことは、NECブランドのパソコンについても言える。

この姿勢はモトローラの端末部門買収においても変化していない。モトローラは独立性を維持したまま、レノボの持つ生産・開発能力を活用できるようになった。そんなモトローラの開発した最上位モデル「Moto Z」は、iPhoneのスペックを追いかけるだけのiPhoneフォロワーが多いAndroid端末メーカーの中にあって、実に特徴ある製品に仕上がっていた。

パソコン並みの成熟市場になりつつあると認識されているスマートフォン業界において、ここまでハードウェアでの差異化に挑戦している点は、素直に評価したい。アップル、サムスン電子の2強以外からこうした製品が出てくることには驚きを感じた。

次ページMoto Zの実力は?
人気記事
トピックボードAD
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。