ガンダム、40年のヒットは努力の結晶だった

バンナムHD田口三昭社長が秘訣を語る

──グループ全体で見ると、2015年度からアジア展開に力を入れている。

理由はわからないが、日本で売れるキャラクターはアジアでも売れる。国によって多少の温度差はあるが、仮面ライダーやスーパー戦隊、プリキュアなどは日本とほぼ同様の反響を得ている。時間差は多少あっても、似たビジネスモデルをアジアで複製化することが基本戦略になる。

たぐち・みつあき●秋田県出身。明治学院大学法学部卒業後、1982年バンダイ入社。1999年にベンダー事業部長、2003年に取締役就任、2010年に副社長就任。2015年6月より現職

これからは現地で手に取りやすいリーズナブルな商品を作りたい。たとえば仮面ライダーの「変身ベルト」は、音を1種類程度に絞ることで価格を抑えている。ライダーの気分を味わえるようにすれば、ユーザーは反応してくれる。

日本の商品と現地の汎用品を見比べて、「これ、違うんじゃないの?」と感じる人もいるだろうが、高い商品だけをそろえるのも違うと思う。現地の人に優しいやり方でマーケティングを変えていきたい。

──欧米市場はどんな状況か?

かつて「パワーレンジャー」が現地で大ブレークしたときは、海外の方が利益を出している時代もあった。しかし足元は苦戦している。持続可能性の高いIPを複数用意しようと考えており、米ディズニーとのアライアンスも1つの流れ。それ以外のローカルなIPもライセンサーに預けてもらうよう働きかけをしている。今は複数のキャラクターを準備中で、少しずつ整ってきている。

バンダイナムコらしさとは?

──バンダイナムコHDやタカラトミーもそうだが、数年前から日本の玩具メーカーがディズニー版権の商品を増やしている。

ディズニーがワールドワイドに展開する際、当然だがアジア地域もターゲットに入る。玩具やゲームを展開する上で、東洋人にウケるアレンジを当社やタカラトミーさんが持っていると思われているのかもしれない。

大手玩具メーカーのマテル社やハズブロ社とは違う料理の仕方をするので、一緒にやると新しいものが生み出せるかもしれないと、先方も興味を持たれていると理解している。

グローバル展開が本格的になった最初の作品は、2014年公開の「Big Hero 6(ビック・ヒーロー・シックス)」(邦題「ベイマックス」)だった。商品やマーケティングなどを自社の販売網で展開できるから、スピード感も出るし情報を即時にディズニーへレスポンスできる。十分ではなかったかもしれないが、バンダイナムコらしい展開ができた。

──バンダイナムコらしいとは?

難しいことではない。変形や変身する玩具を常日頃から作っており、ディズニー社の商品にも取り入れた。「ディズニーのこの作品で変形しなくてもいいでしょう」と言われるかしれないが、当社は「このキャラクターが変身したら、こうでしょう」と変形させてしまう。

売れたり売れなかったりだが、ユーザーもおもしろがって買ってくれている。他社にない“味”として期待されているのかもしれない。

次ページコンテンツは生みの親より育ての親?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT