安倍政権誕生で為替はどう動くか?

市場動向を読む(為替)

市場の期待にも応え続ける必要が生じた

言うまでもなく、今後自民党が問われるのはこうした国民の期待に応えられるかどうかである。しかし、今回、市場の期待を上手く利用し、味方に付けたことにより、自民党は、国民の期待だけでなく、市場の期待にも応え続けなければならないことになった。市場の期待にも応え続けられなければ、円は買い戻され、株価も下落し、結局は国民の期待も失望に変わってしまうという結果になってしまう可能性さえある。

自民党が日本国民の期待に応えられているかどうかの最初の審判は、来年7月の参議院選挙になると考えられるが、市場の審判はそんなに長くは待ってくれない。先週、欧米のヘッジファンドやロンドンとニューヨークのオフィスの同僚からは、「総選挙後、補正予算はいつ成立するのか?」、「日銀法改正はいつ行われるのか」「200兆円の国土強靭化計画はいつから始まるのか?」といった質問が相次いだ。市場は一つの事柄が終了すれば、すぐに次の動きを求めるようになる。

「年内に行われる特別国会では特に新しい動きはなく、1カ月後くらいに通常国会が開かれ、2月頃には10兆円程度の補正予算が成立するだろう。日銀法改正はそう簡単に行われる話ではなく、改正されるとしても数カ月は要するであろう。また、200兆円の国土強靭化計画は具体的にどういう話なのかははっきりしない」。

こうした回答に、満足する海外投資家は少ない。海外投資家は自民党政権がかなり大胆な財政拡大路線を採ると期待しているようであるが、公務員の人件費削減、プライマリーバランスの改善を公約に掲げ、消費税引き上げを前にした政権が、本当にそれほど大胆な積極財政路線に転換するのだろうか。

市場の期待というのは、際限なく広がり、最終的には失望という結果で終わることが多い。市場が失望し、円相場が反転上昇し、株価が反落すれば、結局は国民も失望することになる。市場の期待・動きを上手く利用して勝利した自民党・安倍政権は、今度は市場の期待を裏切らないように政策を積極的に進めていかなければならないと考えられる。

次ページ始まる安倍総裁と日銀との攻防
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT