大学入試の英語が変わる!

英語教育改革の切り札「TEAP」がついに登場

TEAPのレベルは?――難関大入試にピンポイント

「主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発。テスト構成は日本における『大学教育レベルにふさわしい英語力』を測るうえで適切な設計。テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成。難易度の目安としては、英検準2級~準1級程度。出題される問題は、英語の授業や英文資料の読み込み、英語のプレゼン等、大学教育で遭遇する語彙・場面・分野を想定した内容で、アカデミックな英語に特化」

レベルは偏差値55以上の難関大学にピッタリのレベルです。

TEAPの試験構成は?――スコア&バンド判定の4技能のテスト

「試験受験者の総合的な英語力を正確に測定するため、4技能のカテゴリーから構成(→部分は、想定される場面)される。

1.Reading test (70分:マークシートによる択一選択方式)
  →英語で資料・文献を読む

2.Listening test(50分:CDによる放送・マークシート)
  →英語で講義を受ける

3.Speaking test(10分:1対1の面接方式)
  →英語で意見を述べる

4.Writing test(70分:解答用紙への記入)
  →英語で文章を書く」

私の個人的な意見としては、Speakingの時間を20分にし、さらにタスクを増やし、大人数がさばけるiBT方式に移行させることを希望します。あくまでも個人の意見ですが、日本の受験人口を面接でさばくのには無理があるように感じます。

TEAPの判定方法は?

「受験者には試験結果をまとめた成績表(開発中)が発行される。成績表には今後の英語学習につながる、効果的なウォッシュバック(波及効果)を目的としたフィードバックの記載を予定。TEAPは『合否』を判定するテストではなく、現在の英語力を『スコア』および『バンド』でフィードバックするもの」

次ページTEAPの評価方法は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT