大学入試の英語が変わる!

英語教育改革の切り札「TEAP」がついに登場

TEAPのレベルは?――難関大入試にピンポイント

「主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発。テスト構成は日本における『大学教育レベルにふさわしい英語力』を測るうえで適切な設計。テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成。難易度の目安としては、英検準2級~準1級程度。出題される問題は、英語の授業や英文資料の読み込み、英語のプレゼン等、大学教育で遭遇する語彙・場面・分野を想定した内容で、アカデミックな英語に特化」

レベルは偏差値55以上の難関大学にピッタリのレベルです。

TEAPの試験構成は?――スコア&バンド判定の4技能のテスト

「試験受験者の総合的な英語力を正確に測定するため、4技能のカテゴリーから構成(→部分は、想定される場面)される。

1.Reading test (70分:マークシートによる択一選択方式)
  →英語で資料・文献を読む

2.Listening test(50分:CDによる放送・マークシート)
  →英語で講義を受ける

3.Speaking test(10分:1対1の面接方式)
  →英語で意見を述べる

4.Writing test(70分:解答用紙への記入)
  →英語で文章を書く」

私の個人的な意見としては、Speakingの時間を20分にし、さらにタスクを増やし、大人数がさばけるiBT方式に移行させることを希望します。あくまでも個人の意見ですが、日本の受験人口を面接でさばくのには無理があるように感じます。

TEAPの判定方法は?

「受験者には試験結果をまとめた成績表(開発中)が発行される。成績表には今後の英語学習につながる、効果的なウォッシュバック(波及効果)を目的としたフィードバックの記載を予定。TEAPは『合否』を判定するテストではなく、現在の英語力を『スコア』および『バンド』でフィードバックするもの」

次ページTEAPの評価方法は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。