大学入試の英語が変わる!

英語教育改革の切り札「TEAP」がついに登場

TEAPのレベルは?――難関大入試にピンポイント

「主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発。テスト構成は日本における『大学教育レベルにふさわしい英語力』を測るうえで適切な設計。テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成。難易度の目安としては、英検準2級~準1級程度。出題される問題は、英語の授業や英文資料の読み込み、英語のプレゼン等、大学教育で遭遇する語彙・場面・分野を想定した内容で、アカデミックな英語に特化」

レベルは偏差値55以上の難関大学にピッタリのレベルです。

TEAPの試験構成は?――スコア&バンド判定の4技能のテスト

「試験受験者の総合的な英語力を正確に測定するため、4技能のカテゴリーから構成(→部分は、想定される場面)される。

1.Reading test (70分:マークシートによる択一選択方式)
  →英語で資料・文献を読む

2.Listening test(50分:CDによる放送・マークシート)
  →英語で講義を受ける

3.Speaking test(10分:1対1の面接方式)
  →英語で意見を述べる

4.Writing test(70分:解答用紙への記入)
  →英語で文章を書く」

私の個人的な意見としては、Speakingの時間を20分にし、さらにタスクを増やし、大人数がさばけるiBT方式に移行させることを希望します。あくまでも個人の意見ですが、日本の受験人口を面接でさばくのには無理があるように感じます。

TEAPの判定方法は?

「受験者には試験結果をまとめた成績表(開発中)が発行される。成績表には今後の英語学習につながる、効果的なウォッシュバック(波及効果)を目的としたフィードバックの記載を予定。TEAPは『合否』を判定するテストではなく、現在の英語力を『スコア』および『バンド』でフィードバックするもの」

次ページTEAPの評価方法は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。