ゴーン・ショック以来の鉄鋼不況

神戸製鋼がついに管理職給与カット

海外からの流入や中国メーカーの台頭による鋼材市況の悪化――。日本の鉄鋼メーカーをめぐる業況が厳しさを増す中、高炉大手の1社、神戸製鋼所がついに管理職給与カットにまで踏み込む。

神戸製鋼所は12月10日、業績低迷を受けた収益改善策の一貫として、役員報酬の削減幅拡大と管理職給与の削減に踏み切ると発表した。役員報酬の減額幅を従来から10ポイント広げ17%減にするとともに、管理職給与は5%を削減する。

高炉大手で役員報酬や管理職給与の削減を発表するのは、神戸製鋼所が初めてだ。鋼材市況の悪化を受けて、鉄鋼事業の業績が低迷。今2013年3月期は600億円の最終赤字を計画しており、人件費圧縮によって、早期の収益改善を目指したい考えだ。

役員報酬の削減は約30人が対象。すでに12年4月以降、平均7%を減額してきたが、今月分から平均17%減に拡大する。一方、管理職給与を減額するのは、カルロス・ゴーン社長の主導による日産自動車の調達見直し、いわゆる”ゴーン・ショック”で鉄鋼業界が不況に陥った02年以来の措置だ。出向者を含めた約2000人を対象に、13年2月支給分から平均5%を削減する。合わせて年間数億円のコスト削減効果が見込めるという。対象期間は未定だ。

中国メーカーの台頭など響く

12年以降、海外材の流入や中国メーカーの台頭によって、鉄鋼業界では製品の価格が低迷。厳しい事業環境が続いている。神戸製鋼所では前12年3月期に、主力の鉄鋼事業だけで146億円の経常損失を計上した。さらに今13年3月期は、430億円の経常損失を計画している。

神戸製鋼所では10月、収益改善を目的に「体質強化委員会」を立ち上げた。今回発表した、役員報酬と管理職給与の削減は、「体質強化委員会」で検討した施策のひとつ。早期の最終黒字転換を目指し、今後も収益改善への取り組みを進めていくという。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。