タマネギ危機!収穫量を半減させた病の正体

「産地の存亡にかかわる」一大生産地がピンチ

近年、県産タマネギはべと病の発生が目立ち、昨年産も前年比約2割減と苦戦した。今年は暖冬で病原菌が温存されたとみられ、県は4月5日に初の警報を発令した。

県農業技術防除センターは「防除である程度べと病は抑え込んだが、抵抗力が弱まっているところに雨で根が傷んだケースもあった」という。

販売や流通関係者は風評被害を懸念

被害に歯止めがかからない背景には、地力低下による連作障害や、担い手不足で管理が行き届かなくなっている点を指摘する専門家もいる。若手生産者は「米価が当てにできずタマネギの作付けを増やしたが、雨続きで防除が後手に回った」と後悔を口にする。

販売や流通関係者からは風評被害を心配する声も。町内の選果業者は「不良品が紛れ込まないよう例年以上に検品を徹底している。味や健康への影響はないので、小さな玉でも買って応援してほしい」と訴える。

こうした事態を受け、県や各市町、JAは近く緊急対策に乗り出す方針。県園芸課は「生産者が次年の作付けを断念するようなことがないよう、病害虫発生を抑え込む新技術の確立や地力改善など、中長期の対策も含めてあらゆる支援を検討したい」と話す。

佐賀新聞LIVEの関連記事
佐賀県内初、タマネギ「べと病」警報
大豆反収日本一奪還へ 専門チーム立ち上げ
多久市特産「納所ビワ」凍害で壊滅
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。