タマネギ危機!収穫量を半減させた病の正体

「産地の存亡にかかわる」一大生産地がピンチ

べと病で葉が立ち枯れしたタマネギ畑。わずかでも無事なものを選んで出荷したいと、生産者は祈るような思いで畑を掘り返している=杵島郡白石町

全国2位の生産量を誇る佐賀県産タマネギが、深刻な不作に陥っている。

生育不良を引き起こす「べと病」の発生に加え、1月末の雪害や平年を大きく上回る4、5月の降雨が響いた。収穫量が平年の半分と訴える生産者も多く、県やJAは「産地の存亡にかかわる」として、緊急対策の準備を急いでいる。

県産の7割近くを占める杵島郡白石町。本来なら青々としたタマネギの葉を機械で刈り、生産者らが畑一面に広がって収穫に励む姿が見られる。だが、今年は葉が立ち枯れするなど、状況が一変している。

出荷できるものも小玉が中心…

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

「収穫できないなんて、30年以上作ってきて初めて」――。約6・5ヘクタールに作付けした男性(60)はため息をつく。掘り起こして出てくるのは玉太りが不十分なものばかり。かろうじて出荷できるものも「S」「2S」と小玉中心という。

「1000万円以上の減収だが、これ以上傷口を広げるわけにもいかない」。男性は田植えに備え、トラクターでタマネギをつぶして畑にすき込んでいる。

次ページなぜ被害を食い止められなかった?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT