ゴーゴー世代のラストウォー

「パーソナルコンピュータ革命」の最終章

米国におけるパーソナルコンピュータ革命は、日本でも完全に同期している。初期のマイクロソフト発展を極東から支えた西和彦(56年2月~)、古川享(54年7月~)、成毛眞(55年9月~)がちょうど55世代だ。学術系ではJUNETを作り出した慶応大学の村井純(55年3月~)がいる。

やや若いが、アスキーから分派しインプレスを創業した塚本慶一郎(57年1月~)、ソフトバンクを率いる孫正義(57年8月~)も20代からパーソナルコンピュータ革命を代表するベンチャー経営者として活躍していた。

ちなみに今回の総選挙をみると、2度目の首相職を狙う自民党総裁の安倍晋三が1954年9月生まれ。芸能界には松任谷由美(54年1月~)、桑田佳祐(56年2月~)がおり、The Alfeeのメンバー3人もみな54年度生まれだ。先日惜しまれつつ亡くなった18代目中村勘三郎も55年5月生まれ。「ゴーゴー!」と踊り続ける郷ひろみも55年生まれである。なんとも個性的な世代なのである。

がんばれバルマー!

さて。10月26日に発売した最新OS「ウィンドウズ8」を契機に、マイクロソフトはアップルやグーグルに引きずり下ろされたIT業界における盟主の座を奪還しようと、必死の戦いを始めている。

その戦いのリーダーは2000年から最高経営責任者を務めるバルマーだ。マイクロソフトのゲイツ、グーグルのシュミットなど同世代のライバルは、もうほとんどが経営の第一線から退いた。ジョブズのように鬼籍に入ったカリスマもいる。そんな中、巨躯のバルマーは経営の最前線で戦い続けている。その孤軍奮闘の様子をみるにつけ、「がんばれ!」と声を掛けてしまいたくなる。

パーソナルコンピュータ革命を引っ張ってきたゴーゴー世代の戦いは、最終章に入った。もしウィンドウズ8をもってしても、アップルによるタブレット支配を打ち破れず、コンシューマデバイスにおける覇権を取り戻せないのだとすれば、株主からの退任圧力は高まるだろう。それだけに、バルマーは必死に違いない。

最後に、繰り返し宣伝。書店で、週刊東洋経済臨時増刊「マイクロソフト・逆襲のシナリオ」を見かけましたら、お手にとってパラパラッとめくってみてください。どうぞよろしくおねがいします!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。