中国人留学生が米国でハマる「不正行為」の闇

教育制度の隙を突く成績偽装が横行

トランセンドの共同創業者であるLi氏は、当初、中国の高校からのRongに関する成績証明書については何も知らないと話していた。

ロイターは成績証明書のコピーを入手したが、ファイルはマイクロソフトのワード形式だった。ファイルのメタデータ(その文書に関するコンピューター情報)によれば、そのファイルを最後に保存したのはLi氏だった。文書のコピーとメタデータを示されたLi氏は、トランセンドが偽の成績証明書のファイルを持っており、以前目にしたことがあることを認めた。だが彼は、その文書の取得にトランセンドは関与していないと述べた。

「誰でもそうする」

Li氏はロイターの取材に対し、トランセンドでは出願書類の代筆は行っていないと話している。また彼は、学生が教師の推薦状を自ら作成することを支援していないとも述べた。だが、ロイターはトランセンドのクライアントである学生50人以上について書かれた推薦状200通以上の草稿を目にしており、とてもそのようには考えられない。

これらの文書のメタデータは、やはりトランセンドのコンピューターに保存されていたことを示している。推薦状は個人情報扱いとされるのが通例であり、誰かが勝手にそれを修正することを教師が認めることはめったにない。告発者が開示した推薦状には、学生かトランセンドの従業員が作成・修正した兆候が認められる。

推薦状のうち2通はRongに関するものだった。どちらも、彼がCuiyuan高校に在籍していたと主張している。1通は彼の「傑出した学業成績」に言及している。もう1通では、教師が11年生のRongに数学を教えたとして、彼を「素晴らしい生徒」であると評している。

別の学生に関する教師の推薦状とされる文書では、欄外にLi氏が「この部分はもっと膨らませる必要がある」とコメントしている。さらに彼は、別の2つの段落を「1つにまとめて短縮すれば、こちらの段落を膨らませる余地を確保できる」とも書いている。

この推薦状のコピーを示したところ、Li氏は、トランセンドが推薦状を書き直したことはないと述べた。上述の推薦状に関するトランセンドの助言は「学校の教師にしっかり承認してもらっている」という。

だが、教師の主張は異なっている。当時、深セン中学校の教師を務めていたフィリップ・スタウト氏は、確かにその生徒(ここでは匿名とする)についての推薦状を書いたが、コピーを生徒に渡したことはないし、他人が修正することを認めてもいないと話している。

Rongの父親は、息子のために別の米大学を探すことになるだろうと話している。中国における偽の成績証明書を手に入れたことについては、なんの後悔も示さなかった。

「よりよい学校に入りたいだけだ」と父親は言う。「普通のことだ。誰でもそうするだろう」。

(Koh Gui Qing記者、Alexandra Harney記者、Steve Stecklow記者、James Pomfret記者、翻訳:エァクレーレン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT