"電車愛"呼び起こす東京駅「鉄道アート」

Suica、PASMOを使って参加できる作品も

ヤマガミユキヒロの《platform no1/no2》も、じいっと見入っている人が多い。

ヤマガミユキヒロ《platform no1/no2》2012年 168×168 4分48秒 キャンバスプロジェクション:パネルに鉛筆、HDビデオプロジェクター、ブルーレイビデオ

細密な鉛筆画に4分48秒の映像を重ねて、中央線ホームの朝から夜までの移ろいを表現している。音もなく電車が滑り込み、夜明け、昼、夕暮れと空の色が変わっていく。まるで夢の中の出来事のよう。「家に飾りたい」という鉄道ファンも多いそうだ。

田中さんは、「9組の作品のうち、1つでも何かを感じて持ち帰っていただければいいと思います」という。身近な鉄道がテーマなので、入っていきやすい展覧会だ。

ところで、「始発電車を待ちながら」というタイトルなのに開館は午前11時ですよね?

「それを言われると困るんですけど、平日の夜は8時までオープンしています。駅舎から見るビルの夜景もきれいですよ」

この時期は丸の内のイルミネーションとセットでどうぞ。
 


出品作家:パラモデル、本城直季、クワクボリョウタ、柴川敏之、秋山さやか、廣瀬通孝、大洲大作、ヤマガミユキヒロ、廣村正彰


「始発電車を待ちながら 東京駅と鉄道をめぐる現代アート9つの物語」     開催中~2013年2月24日

東京ステーションギャラリー
東京都千代田区丸の内1-9-1(JR東京駅丸の内北口 改札前)
℡ 03-3212-2485、開館時間 11:00~20:00(土・日・祝は18:00まで、入館は閉館の30分前まで)                                     休館日 月曜(12月24日、1月14日、2月21日は開館)、12月25日、12月29日~1月1日、1月15日、2月12日                                入館料 500円(オープン記念料金)、中学生以下は無料

 


 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。