名画の食卓を読み解く 大原千晴著

名画の食卓を読み解く 大原千晴著

食事風景や食べ物を描いた絵を21枚選び出し、メニューや食材の紹介はもとより、その当時の社会状況や食文化を解説した異色の西洋史書。題名から泰西名画の羅列を期待すると少々裏切られるはずで、壁画やタペストリー、さらに書物の挿画などが続き、絵画も中世以前のものが少なくない。もっともそれだけ時代や地域に広がりが生まれ、テーマは多彩となった。

ルノワールの明るく健康的な作品(舟遊びの人々の昼食)がモンマルトルの夜の世界とつながっていく話など、読むほどに名画を見る目も違ってこざるをえない。修道士は肉をたらふく食べていた反面、西洋なら肉食という思い込みを引っ繰り返す一節もある。権威としての宴席、着席順、食器など微に入り細をうがつうんちくは、フランスのカフェ、米国の簡易食堂やカウボーイの食事、さらに英国のアフタヌーンティーへと広がり、西洋文化への先入見を否定されること再三に及ぶだろう。(純)

大修館書店 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。