スタバ店舗数、東京23区ナンバーワンは?

一番多い区には40店もある

2位.千代田区(39店舗)

ビジネスマン、観光客が多く安定した売り上げを維持

2位は千代田区。皇居を中心としたこの区だが、地図を見ると皇居の東側、つまり大手町、東京駅、有楽町周辺エリアのスタバの店舗が集中していることが伺える。東京駅を中心として、西の丸の内、東の八重洲、北の大手町、南の有楽町・日比谷、これら全ての店舗数を合わせると、なんと21店舗にものぼる。ちなみに八重洲エリアは一部中央区の為、3店舗は中央区になっており、こちらを合わせると24店舗になる。

平日は商談やアフター5、お昼の軽食などオフィス街のOLやサラリーマンの利用客で溢れ、休日は待ち合わせや新幹線の発着時間まで旅行客・観光客で溢れる為、安定した売り上げも維持できているのだろう。

ちなみに千代田区の他の店舗も見てみると、飯田橋、九段下、市ヶ谷、霞が関と、この千代田区に限って言えば、ほとんどどの駅を降りたとしても、徒歩数分圏内にスターバックスが存在していることになる。

1位.港区(40店舗)

激戦を制し、1店舗差で1位に輝いたのが港区で40店舗。でました、また港区。。港区と言えば、メイン客層である女性率が高い区というのがまず挙げられる。

加えて、白金・高輪といったセレブな住宅街から、六本木・麻布・青山・赤坂と感度の高い大人が集うファッションエリアまで、オシャレタウンが集結している区でもある。3位の渋谷区で考察したように、デートの待ち合わせやショッピングついでに利用する客も多いのだろう。

それでいて新橋というビジネスエリア、品川というターミナル駅も港区にはある。実際に今挙げたエリアには全て多くのスターバックスがある。これらの要因に加えて、ここで注目したいのは、港区が平均年収の高い区ということだ。加えて、労働力率が圧倒的最下位(46.06%)ということ。

次ページリッチな顧客が多い港区
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT