投資立国ニッポンを考えるジャパンカップ

かんべえ(吉崎達彦)が見た日本経済

さて、今週末はお待ちかねジャパンカップである。投資立国の日本としては、是非、外国馬に日本に来てもらい、レースを盛り上げてもらいたいものだ。高額賞金を外国勢にもっていかれるのは悔しい、などとケチなことを言うなかれ。獲って、獲られて、競い合い、世界全体の競馬を盛り上げることこそが望ましい。保護主義は成長の敵と知るべきである。

今回、来日する外国馬は5頭。常連でいえば、デインドリームは伝染病発生で移動禁止措置が取られ、スノーフェアリーは故障発生というのは寂しいが、それでも凱旋門賞を制した4歳牝馬ソレミアがいる。必勝の体勢を築いていたオルフェーヴルを、ゴール直前で差しきったシーンは忘れがたい。凱旋門賞制覇という日本の悲願を打ち砕いた敵役だが、わざわざ訪日してオルフェーヴルにその仇を討つ機会を与えてくれたことは多とせねばなるまい。

ソレミアの鞍上は、日本の馬場を知り尽くしたオリビエ・ペリエ騎手。迎え撃つオルフェーヴルは、ホームグランドということもあって池添謙一騎手が戻る。果たして両者の心境やいかに。場所を変えた日仏両雄の再決戦は見どころ満点といえるだろう。

凱旋門賞馬ソレミアのオッズに注目

ところが「ネット競馬」の予想オッズを見ると、オルフェーヴルは2.0倍で堂々の1番人気だが、ソレミアは約40倍の8番人気である 。いくらソレミアが初の海外遠征だからと言って、いくら日本の馬場への適性がわからないからと言って、この大差はないだろう。格からいえば、この2頭が断然ずば抜けているはずなのだ。凱旋門賞では、両頭は3着以下に7馬身以上の差をつけていたのだから。

今年のジャパンカップは、未完の大器ルーラーシップ、三冠牝馬の女帝候補生ジェンティルドンナ、オルフェーヴルの弟である三歳牡馬フェノーメノ、秋の天皇賞馬となったエイシンフラッシュ、いつ復活するか見当がつかないトーセンジョーダンなどが揃い、競馬ファンとしては目移りして仕方がない。が、この際、オルフェーヴルとソレミアの馬連一本で勝負してみたい。

もちろん当日はオルフェーヴルを応援する。従ってオルフェーヴル1位確定の馬単でもいいのだが、ここは投資立国・日本として「対外・対内投資一体化」を推進する手前もあり、どちらが来てもいいように柔軟に構えたい。

ただし筆者の場合、パドックでソレミアに遠征による「異変」を感じ取ったら、即座に予定を変更してオルフェーヴルからエイシンフラッシュあたりに流すかもしれない。競馬場に居るときは、意地よりも面子よりも自分のカネが大事である。この心得、ゆめゆめ忘れるではないぞと、自分自身に強く言い聞かせる不肖かんべえであった。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT