日経平均はサプライズ演出でどこまで戻るか

消費増税先送り、財政出動は「ほぼ確定的」

一方で、企業業績予想をベースにした適正レベルも、おそらくこの水準前後にあるものと考えられる。また企業収益を左右する為替についても、ドル円相場で一度105円台まで円高が進行したことから、当面は、一定の達成感がある。

要は目ぼしい材料がないことから、株価は狭いレンジでの推移を強いられることになる。サミット前後に政策の明確な方向性が出てきた段階で、市場は次の方向性を探ることになるのだろう。

「日経平均の戻りは1万7500円が精いっぱい」の根拠

今の段階から、読者の皆様はシミュレーションをしていてもいいかもしれない。すなわち、もし、政策導入や消費増税先送り・衆院解散で株価が上昇したとしても、筆者は、その上値の限界水準は1万7500円程度だと考えている。

というのも、やはり為替が影響しているからだ。アベノミクス相場の開始以来のドル円と日経平均株価の相関からは、1万7500円の日経平均株価と115円のドル円がほぼ符合する。今回はここまで戻せるかどうか。

つまり、株価が一時的に1万7500円に近付いたとしても、ドル円は115円までは戻せないと見るのが自然ではないか。とすると、株価と為替では「1万6900円と112円程度の組み合わせ」のほうがより現実的である。もし、この水準を超えてきたら、「オーバーシュート」とみなし、「戻り売り」が賢明ということになる。

筆者は、この欄で何度も書いてきたように、ドル円が今後数年間で大きく下落すると見ている。そのため、いずれのシナリオでも日本株の戻りは限定的との見方を変える理由はないと考えている。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT