日経平均はサプライズ演出でどこまで戻るか

消費増税先送り、財政出動は「ほぼ確定的」

「新たな財政出動?大人のコメントはするけど、無理なものは無理よ」「せっかく来たのに・・」。日独首脳会談は、こんなやりとりだったのだろうか(5月4日、写真:picture alliance/アフロ)

「安倍首相、消費増税先送り、地震・景気に配慮」。5月14日付けの日本経済新聞の見出しをみて、筆者はさすがに驚きを隠せなかった。この報道は正しいのだろうか。それとも、何かしらの意図があるのか。様々なことを考えたが、その後の報道で、ある程度のことが見えてきたのではないだろうか。

政治と金融の世界は似ている?

週明け16日の日本株は上昇、日経平均株価は前週末比54円高の1万6466円で終了した。「消費税先送り報道」が材料視されたことは間違いのないところであろう。しかし、実は菅官房長官は16日午前の会見で、「安倍首相が来年4月に予定している消費税率引き上げを再延期する方針を固めたと」の一部報道について、「そのような事実はなく、全く無根」と明確に否定していた。その上で、「消費税率10%への引き上げについては、リーマンショックや大震災のような重大な事態が発生しない限り、予定通り実施する方向」とし、従来の考えを繰り返している。

また安倍首相も「衆議院解散の“か”の字も考えたことはない」とし、衆参ダブル選挙を実施し、消費増税先送りについて、国民に信を問う意思がないことを明確にしている。一般世間でいえば、これらの発言だけを聞けば、このまま参議院選挙だけが実施され、消費増税は予定通り、2017年4月に実施されると捉えるだろう。

次ページ衆議院解散と消費増税先送りの可能性
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT