中小調剤薬局”身売り”続出のウラ事情

潜在候補は全国1万店とも

調剤薬局は、アインファーマシーズや日本調剤、クオールなど上場大手クラスから、”パパママ薬局”と呼ばれる家業経営まで規模はさまざま。全国に約5.3万店と、コンビニエンスストアより多い日本で最大の店舗運営を行う業態として知られている。

西日本進出を目指し、中小買収に熱心な中堅のファーマライズHD(写真は東京・上野の永寿総合病院前にある上野店)

中堅薬局チェーンでM&Aの責任者を務める役員は、「おおよそ半分の2万店強は後継者が見当たらず廃業か、身売りの選択肢に迫られている。ただし、処方箋枚数が1日30枚という低さだと論外で、買値がつくかどうか疑わしい。しかし、実態不明の薬局はいっぱいあって、おそらく1万店はM&Aの対象となりうるだろう」と話す。

中堅クラスの買収の検討対象になりうるのは、年商が5億~10億円、店舗数5~6店、従業員40人程度の地場チェーン。薬剤師の平均年齢が若ければ理想的だ。全国におよそ2000社程度が存在すると推定される。

実際に案件の仲介を行う日本M&Aセンターによると、「薬剤師の質や顧客層など事業基盤がしっかりとしたところは、高い値段で必ずといって言いほど買収がうまく成立する。こうした状況はここ2~3年がピークだろう」(渡部恒郎ディールマネジャー)と予想する。

採算の足引っ張る“お荷物”背負うリスク

調剤市場は、医薬分業や後発薬推進など医療保険制度の改革を追い風に、市場規模がこの10年間で倍増し、6兆円を超える規模に膨らんだ。ところが、さすがに右肩上がりの市場は、ピークを打ったようだ。地域によっては、オーバーストア状態となっており、狭いエリア内で客を奪い合う構図が少しずつ鮮明となってきた。

次ページ”お荷物”背負い込む高い買い物も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。