トランプ大統領「誕生リスク」を検証してみた

人気は本物だがあまりにも予見不可能すぎる

たぶんオバマ大統領の胸中では、「この問題でトランプ候補に非難されたとしても、自分は痛くもかゆくもないね」という冷徹な計算が働いていたのではないだろうか。だとしたらトランプ候補のお陰で、米大統領による史上初の被爆地訪問が実現することになる。

さて、3人の競馬ファンによるこの連載もすでに3年半に及ぶが、不思議な巡り合わせで筆者は3年連続で今週末のヴィクトリアマイルに当たっている。競馬ファンの間では、先週のNHK「参る」と今週のヴィクトリア「魔居る」は、ともに難解なレースとして知られている。2014年は当たり、2015年は外れだった。2016年は是非当てたいところ。

ショウナンパンドラの実力を買う

今回の牝馬の戦いは、ミッキークイーンとショウナンパンドラの二強対決。と言うと、「二強は来ない」の法則が気になるが、ここは素直にショウナンパンドラの実力を買おう。「マイルでは彼女には距離が短い」などという物言いは却下してしまえ。なにしろジャパンカップの優勝馬である。かかる実力差の前に距離は問題ではない。

え?「ショウナンパンドラは確かに強いけど、鞍上が心配じゃないですか」ですと?

これっ、なんてことを言う。

池添謙一騎手はこのところG1戦では、桜花賞(シンハライト)、春の天皇賞(カレンミロティック)、NHKマイル(ロードクエスト)と2着が3回続いている。特に天皇賞は惜しかった。こういうときに、「池添騎手を2着づけで馬券を買おう」などと下品なことを考えてはいけない。競馬の神様を敵に回してしまう。

「4度目の正直、こんどこそ勝て!」と励まして池添騎手を送り出そう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。