就活「面接」は6月を待たずに始まっていた!

「質問会」や「お話会」など表現変えて先行実施

HR総研の調査では、「内々定出しをいつから開始するのか」という点についても聞いている。結果、全体では3割の企業が「6月」と回答し、「7月以降」とする企業も15%ある。大企業だけに限って見てみると、「6月」「7月以降」の合計は5割に達する。

なかには6月1日より選考をゼロベースからスタートする企業もあるだろうが、多くの企業では6月を迎える前にすでに実質的な選考活動をスタートさせている。昨年の8月初旬がそうであったように、今年も6月の声を聞くとともに大企業による内々定ラッシュが起こることはまず間違いない。

志望度の高い企業は午前中に面接予約を 

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

5月に水面下で選考を進めていた企業から6月1日の面接に呼ばれた場合には、そのスケジューリングにも注意が必要だ。

午前中の面接予約はできるだけ志望度の高い企業にしておくべきだ。また、いくら会社の場所が近いからといっても、1時間や2時間刻みで次の会社の面接を予定するのも避けた方がよい。なぜなら、約束の時間に面接が始まらないことはよくある話で、そもそも面接が1回で済むとも限らない。

これまでの例では、1日の間に1社だけで5回の面接をこなした学生がいた。その日の夜には早々と内々定が出た学生がいれば、5回も面接を受けた挙句に落とされた学生の例もある。6月1日に呼ばれたからといって、安心はできない。必ずしも内々定が約束されているわけではないのである。

ただ、万一、6月初旬からの内々定ラッシュに乗り遅れたからといって、決して悲観する必要はない。採用活動を6月末までに終える計画の企業は全体で2割程度に過ぎない。大企業だけに限れば16%にとどまる。早く気持ちを切り替えて、新しい会社にチャレンジすることを考えよう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング