バングラデシュ、政党元党首に死刑執行

ダッカ刑務所で絞首刑に

 5月11日、バングラデシュで、1971年のパキスタンからの独立戦争での大量虐殺やレイプなどの罪で2014年に死刑判決を言い渡されていたイスラム政党「イスラム協会(JI)」のニザミ元党首=写真=に対して刑が執行された。ダッカで2006年2月撮影(2016年 ロイター/Rafiquar Rahman)

[ダッカ 11日 ロイター] - バングラデシュで11日、1971年のパキスタンからの独立戦争での大量虐殺やレイプなどの罪で2014年に死刑判決を言い渡されていたイスラム政党「イスラム協会(JI)」のニザミ元党首(73)に対して刑が執行された。

法相がロイターに明らかにした。特別裁判所が死刑撤回を求める訴えを却下したのを受け、ダッカ刑務所で絞首刑が執行された。

首都の通りには刑の執行を喜ぶ人々数百人が集まった。その一方で、ハシナ首相が2010年に設置した特別裁判所に対しては、反政府の政治家らから、首相の政敵を不当に罰するものだと批判されている。

JIは、ニザミ元党首に対する判決には根拠がないと主張。全土で抗議ストを行うよう呼びかけた。JIは、ニザミ元党首を「殉教者」と表現し、正義を奪われ、政治報復の標的にされたとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。