バングラデシュ、政党元党首に死刑執行

ダッカ刑務所で絞首刑に

 5月11日、バングラデシュで、1971年のパキスタンからの独立戦争での大量虐殺やレイプなどの罪で2014年に死刑判決を言い渡されていたイスラム政党「イスラム協会(JI)」のニザミ元党首=写真=に対して刑が執行された。ダッカで2006年2月撮影(2016年 ロイター/Rafiquar Rahman)

[ダッカ 11日 ロイター] - バングラデシュで11日、1971年のパキスタンからの独立戦争での大量虐殺やレイプなどの罪で2014年に死刑判決を言い渡されていたイスラム政党「イスラム協会(JI)」のニザミ元党首(73)に対して刑が執行された。

法相がロイターに明らかにした。特別裁判所が死刑撤回を求める訴えを却下したのを受け、ダッカ刑務所で絞首刑が執行された。

首都の通りには刑の執行を喜ぶ人々数百人が集まった。その一方で、ハシナ首相が2010年に設置した特別裁判所に対しては、反政府の政治家らから、首相の政敵を不当に罰するものだと批判されている。

JIは、ニザミ元党首に対する判決には根拠がないと主張。全土で抗議ストを行うよう呼びかけた。JIは、ニザミ元党首を「殉教者」と表現し、正義を奪われ、政治報復の標的にされたとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。