トランプ氏、富裕層への税率引き上げを主張 

「私は中間層寄りだ」

 5月8日、米大統領選で共和党の候補指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏は、富裕層の税率を引き上げるべきとの認識を示した。写真はオレゴン州で6日撮影(2016年 ロイター/Jim Urquhart)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米大統領選で共和党の候補指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏は8日、富裕層の税率を引き上げるべきとの認識を示した。

NBCの「ミート・ザ・プレス」で述べた。トランプ氏は「富裕層の税率は今後、上昇していくだろう。上昇すべきだと思う」と語った。

トランプ氏は、中間層と法人の税率を引き下げ、富裕層の税率を引き上げることを柱とする自身の税金政策について、大統領選で当選すれば議会との交渉過程で変わる可能性もあるが、「交渉の際に、富裕層ではなく、中間層をより気に掛けることになるだろう」と話した。

トランプ氏はまた、最低賃金引き上げへの支持を表明。トランプ氏は「時給7ドル25セントで、どうやって生活しろと言うのか」と述べたが、一方でこの問題については各州の決定に委ねると付け加えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT