澤田秀雄が「ロボット王国」で描く世界一の夢 熊本地震、ロボット、人材育成のすべてを語る

拡大
縮小

ハウステンボスは2010年3月に経営を引き受けて、翌年に東日本大震災が起きた。東京以北の人が来るのは難しくなったが、中国や四国、九州からの客足にはあまり影響が出なかった。このエリアに「東北支援」と「明るくやりましょう」ということを呼び掛けて、集客した。この年も客数を前年より伸ばすことができた。今回もしばらくは戦略を変えて、関西や関東からのお客さん、インバウンドに力を入れる。

――HISグループには、熊本県を中心にバス事業を展開する九州産業交通グループもある。

九州産交は不幸中の幸いで、再開発の解体工事をしていたところだった。熊本市とあわせて600億円の再開発をやる。(復興の)象徴になるのではないか。目先は一刻も早くバスの運行を(全面再開)するとか、お手伝いするとかグループをあげた支援を行う。

(注)九州産交の旧本社や交通センターが入る施設を取り壊して、総額500~600億円かけてバスターミナルや商業施設、ホテルなどが入る「桜町再開発事業」を熊本市などと共同で進めている。2015年秋着工、2018年秋竣工予定。震災当時は施設の解体作業中だった。

これからロボットの時代が来る

――ハウステンボスに「ロボット王国」の開設を計画している。その狙いは?

ロボットレストランで活躍予定のシェフロボット。お好み焼きが得意なもよう

これからロボットの時代が来る。今までは(自動車の生産に使われるような)産業用のほうが発展した。これからはサービスの分野でAIを使った人工頭脳ロボットがどんどん出てくる。

2015年7月に開業した「変なホテル」は世界一生産性の高いホテルになった。今年3月には2号棟がオープンした。客室数は72室から144室に増えたが、スタッフの数は増えなかった。オープンのときはスタッフが30人弱いたが、今は12人で運用している。朝昼晩3交代、休みもあるから12人必要だ。

世界一、生産性が高いホテルといえる。次はロボットレストランやロボットの館がある「ロボットの王国」が稼働する。プレオープンは5月の連休、本オープンは7月の夏休み前を予定している。

次ページロボットに必要な3つの要素
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT