共和党指名争い、ケーシック氏も撤退を表明

トランプ氏の指名獲得がほぼ確実な情勢に

 5月4日、米大統領選の共和党指名争いで、実業家ドナルド・トランプ氏のライバルとして唯一残っていたオハイオ州のジョン・ケーシック知事(写真)が、選挙戦からの撤退を表明した。コロンバスで4日撮影(2016年 ロイター/Aaron Josefczyk)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米大統領選の共和党指名争いで、実業家ドナルド・トランプ氏のライバルとして唯一残っていたオハイオ州のジョン・ケーシック知事が、選挙戦からの撤退を表明した。

ケーシック氏は7月の党全国大会における決選投票での指名獲得に望みをつないでいたが、トランプ氏の指名獲得がほぼ確実な情勢となる中、撤退を決めた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT