共和党指名争い、ケーシック氏も撤退を表明

トランプ氏の指名獲得がほぼ確実な情勢に

 5月4日、米大統領選の共和党指名争いで、実業家ドナルド・トランプ氏のライバルとして唯一残っていたオハイオ州のジョン・ケーシック知事(写真)が、選挙戦からの撤退を表明した。コロンバスで4日撮影(2016年 ロイター/Aaron Josefczyk)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米大統領選の共和党指名争いで、実業家ドナルド・トランプ氏のライバルとして唯一残っていたオハイオ州のジョン・ケーシック知事が、選挙戦からの撤退を表明した。

ケーシック氏は7月の党全国大会における決選投票での指名獲得に望みをつないでいたが、トランプ氏の指名獲得がほぼ確実な情勢となる中、撤退を決めた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT