共和党指名争い、ケーシック氏も撤退を表明

トランプ氏の指名獲得がほぼ確実な情勢に

 5月4日、米大統領選の共和党指名争いで、実業家ドナルド・トランプ氏のライバルとして唯一残っていたオハイオ州のジョン・ケーシック知事(写真)が、選挙戦からの撤退を表明した。コロンバスで4日撮影(2016年 ロイター/Aaron Josefczyk)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米大統領選の共和党指名争いで、実業家ドナルド・トランプ氏のライバルとして唯一残っていたオハイオ州のジョン・ケーシック知事が、選挙戦からの撤退を表明した。

ケーシック氏は7月の党全国大会における決選投票での指名獲得に望みをつないでいたが、トランプ氏の指名獲得がほぼ確実な情勢となる中、撤退を決めた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。