「ガリガリ君」値上げ後も販売数10%増の凄み

25年ぶりに60円から70円に値上げしたが…

ただ、ガリガリ君の60円死守については「子供たちに対する未来への投資」(値上げに関するホームページ上での説明)であり、この4月より社長から会長に就任した井上秀樹氏の“哲学”とも呼べるものであった。

7~8年前から議論され尽くしてきたとはいえ、これを変えることは社としてもつらい選択だった。その思いは社員一同がそろって頭を下げるCMに表れている。

世間の厳しい反応を覚悟していた

では、今回の値上げは、売り上げにはどの程度、影響したのだろうか。社として事前に予想していたのは、「値上げに対する厳しい反応」であり、94%程度に落ちるとみていた。しかし、案に相違して「店頭から入る暫定のデータだが、4月は本数にして前年比10%アップした」(萩原氏)。

もちろん、インパクトの強いCMや広告をはじめとする宣伝効果も、売り上げアップに大いに貢献しているだろう。何しろ動画は一躍話題になって、ネットで出回り、「値上げに関する取材申し込みには、すべてに対応した」(萩原氏)そうで、テレビや雑誌、ウェブサイトなど、有名マスコミ媒体のほとんどすべての取材を受けたという。これをよい機会に、社としての姿勢があらためて全国の消費者に伝わり、「これまでよく頑張った」という好意的な目で受け入れられたわけだ。

そんな赤城乳業では4月25日にガリガリ君の新商品、「キウイ」「ライチ」などを発売。果汁を使用したフルーティな味わいと清涼感が特徴の2品だ。また、すでに販売終了してしまったが、3月に発売した「ガリガリ君リッチ 桜もち」(130円)は、桜の微妙な風味を加えたかき氷に、もちっとした食感のもちソースを閉じ込めて、桜もちを再現。大ヒットとなった。

果汁を高配合した「大人のガリガリ君」(90円)

そのほか大人の女性をターゲットとし、果汁を高配合(グレープフルーツ味で55%)した「大人のガリガリ君」(90円)、有名パティスリー店とコラボレーションした「シュプールモンシェール」(130円)など、素材にこだわった高価格帯商品も好調だ。

しかし、「今年はソーダ味のガリガリ君を積極的に食べてほしいというのがメーカーとしての気持ち」(萩原氏)とのこと。ガリガリ君の原点とも言えるフレーバーだからこそ、社員としても思い入れが深いのだろう。

ところで、国民はどれくらいアイスを食べているのだろうか。

次ページアイスを食べる頻度は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT