「ガリガリ君」値上げ後も販売数10%増の凄み

25年ぶりに60円から70円に値上げしたが…

一般社団法人日本アイスクリーム協会の調べによると、アイスを食べる頻度は「週に1回以上」は28.1%で、次に多いのが「月に2~3回」で24%。半数以上の人が月4本は食べているわけだ。

また季節にかかわらず消費されるようになってきており、販売額、量ともに、過去10年間上がり続けている。ちなみに、2014年度は約4500億円、83万キロリットルが販売されている。赤城乳業全体の売り上げは約405億円(2015年)だから、1割に迫らんとする勢いだ。

高齢者は若者の1.5倍アイスを買っている

ガリガリ君の原点は、やっぱりソーダ味

また、60歳以上の高齢者に対するアンケート(一般社団法人日本アイスクリーム協会調べ)では、アイスが好きと答えた人が7割を超えているのに加え、頻度は若者より低いものの1回あたりの購入金額が若者の1.5倍という結果になっている。今や、アイスは老若男女の食生活に欠かせない国民食であり、メーカーにとっては大きな期待が持てる市場だ。

ガリガリ君も、「いつか5億本の大台に乗りたい」(萩原氏)というが、それほど遠い未来のことではなさそうだ。夏に向け、本格的なアイスの商戦が始まるが、まずは値上げというハードルをクリアし、順調なスタートを切ったというところだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT