アサヒは増収増益、キリンは減収減益

くっきり分かれた1-3月期決算

 4月28日、アサヒグループホールディングスとキリンホールディングスの大手ビール2社が発表した2016年1―3月期業績は、アサヒが増収増益となったのに対し、キリンは減収減益と明暗を分けた。都内で2015年10月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - アサヒグループホールディングス<2502.T>とキリンホールディングス<2503.T>の大手ビール2社が28日発表した2016年1―3月期業績は、アサヒが増収増益となったのに対し、キリンは減収減益と明暗を分けた。ただ、ビール会社にとって1―3月期は比重も低く、両社ともに通期見通しは据え置いている。

アサヒの1―3月期は1.6%増収、6.3%営業増益となった。売上高3802億円は、第1・四半期として過去最高。

国内ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)の販売数量は3%増となったほか、エノテカ効果でワイン事業が大きく伸びた。これら酒類事業が収益に寄与した。一方、国際事業は、為替円高の影響により、減収減益となった。

キリンの1―3月期は、ミャンマー・ブルワリーの新規連結があったものの、6.1%減収、3.5%営業減益となった。

国内ビール類販売が11%減と計画を下回ったことが要因。「一番搾り」は市場の減少幅並みの1%減にとどまったものの、発泡酒や新ジャンルが大きく下振れた。海外総合飲料も為替の影響や、ブラジルキリンの輸入原料費増加などで減収減益となった。

2016年12月期の見通しは、両社ともに据え置いている。アサヒの連結営業利益予想は前年比1.4%増の1370億円。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト14人の営業利益予測の平均値は1411億円となっている。

一方、キリンは同0.2%増の1250億円を計画。アナリスト12人の営業利益予想は1276億円となっている。

 

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT