なぜ三菱自動車は芯から腐ってしまったのか

共同体意識の強い組織が抱える根っこの病巣

藤野:これ、あまり言われていないことなのですが、三菱自動車って、資本市場の洗礼を受けるようになってからの歴史が、まだ浅いのですよね。上場は1988年ですから、日本のバブルピーク時。パジェロなどが大人気車種として、業績も良かった時だったと記憶しています。自動車セクターの中では、未上場だった期間が長く、市場環境の良かった時期に上場してきた企業ですから、いささか甘いところがあるのかもしれません。

IPOをしてくる企業の傾向を見ると、やはり市場環境が厳しい時期に出てきた企業は、非常にしっかりしている。逆に、市場環境が絶好調の時に出てきた企業は、何をするにしても緩さが目立つという印象を受けます。三菱自動車は、後者だったということですね。

渋澤:これまでも、いろいろな企業の不祥事がありましたが、三菱自動車にしても、東芝にしても、それなりに頭の良い人たちが集まっているはずなのに、組織単位になるとダメになるのはなぜなのでしょう。

中野:上意下達ではありませんが、上から命令されたとおりにしか動かない、という行動パターンが定着しています。

渋澤:不都合な情報は上げないしね。

頭からではなく内蔵から腐ることもある

藤野:最初に「まじめさ」という話をしましたが、まじめというのは「真の面目」、つまりリアルフェイスのことであり、その人がその人の様であるという意味です。人それぞれに自分の行動原理があって、周りがどう言おうとも、自分の考えに沿って行動する、言うなれば空気を読まないのが、まじめという言葉が持つ本当の意味なのですが、ちょっと曲解されていますよね。

つまり、上から言われたことに唯々諾々と従うのがまじめな人である、というイメージでとらえられています。仮にそうだとすると、今回のような不祥事が起こった時、悪いのは経営陣などの上層部であり、社員は悪くないということになりがちですが、実際には社員も悪ければ、派遣社員も悪い。つまり組織全体が芯から腐っているケースもあります。三菱自動車の場合、そのケースに当てはまるかも知れません。経営陣を変えたとしても、おそらくダメでしょう。そのくらい深刻な状況にあると思ったほうがよい。

渋澤:魚は頭から腐ると言われていますが、時には内臓から腐ってしまうこともある?

藤野:いや、最初は頭から腐るのですが、内臓まで腐ってしまうと、頭を変えても駄目だということなのでしょうね。正直なところ、これは氷山の一角なのか。他の日本企業にも、同じようなことがあるのかどうか、気になります。

次ページ組織を守ろうとする強烈な防衛反応
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT