熊本地震は大震災級の経済的変動ではない

菅官房長官が見解

 4月27日、菅義偉官房長官は午後の会見で、熊本地震が消費増税の判断に影響を与える大震災にあたるかどうかについて、「そういうことを議論する状況ではない」としたうえで、現段階では大震災級の経済的変動があったとは思っていないとの認識を示した。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 菅義偉官房長官は27日午後の会見で、熊本地震が消費増税の判断に影響を与える大震災にあたるかどうかについて、「そういうことを議論する状況ではない」としたうえで、現段階では大震災級の経済的変動があったとは思っていないとの認識を示した。

政府は消費増税について、リーマンショックや東日本大震災のような重大な事態が起きない限り、予定通り行うとのスタンスを維持している。今回の熊本地震がそうした大震災にあたるかどうかについて、菅官房長官は「現在は政府をあげて捜索や復旧活動、生活支援に全力で取り組んでいる。そういうこと(大震災級かどうか)を判断することはやってない」と述べた。

また、今回の地震被害額の算定がつけば政府として大震災級かどうかや増税判断をしていくことになるかとの質問に「これに限るということでなく、大震災級の経済的変動があった場合ということを言っている。そこについては、現在の段階ではそういう風には全く思ってない」と述べた。

 

 

(石田仁志)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT