熊本地震は大震災級の経済的変動ではない

菅官房長官が見解

 4月27日、菅義偉官房長官は午後の会見で、熊本地震が消費増税の判断に影響を与える大震災にあたるかどうかについて、「そういうことを議論する状況ではない」としたうえで、現段階では大震災級の経済的変動があったとは思っていないとの認識を示した。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 菅義偉官房長官は27日午後の会見で、熊本地震が消費増税の判断に影響を与える大震災にあたるかどうかについて、「そういうことを議論する状況ではない」としたうえで、現段階では大震災級の経済的変動があったとは思っていないとの認識を示した。

政府は消費増税について、リーマンショックや東日本大震災のような重大な事態が起きない限り、予定通り行うとのスタンスを維持している。今回の熊本地震がそうした大震災にあたるかどうかについて、菅官房長官は「現在は政府をあげて捜索や復旧活動、生活支援に全力で取り組んでいる。そういうこと(大震災級かどうか)を判断することはやってない」と述べた。

また、今回の地震被害額の算定がつけば政府として大震災級かどうかや増税判断をしていくことになるかとの質問に「これに限るということでなく、大震災級の経済的変動があった場合ということを言っている。そこについては、現在の段階ではそういう風には全く思ってない」と述べた。

 

 

(石田仁志)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT