カープ新井が独白!「元職場」で生きる覚悟

2000本安打を達成した39歳の熱い思い

広島生まれで、広島で育った僕は、子供の頃からカープファンとして育ってきた。だからカープファンの気持ちは、少しはわかるつもりだ。そういう意味で、ファンの立場として考えてみても、新井貴浩という選手の復帰には納得がいかないだろう。

復帰について、基本的に相談は誰にもしなかった。自分一人で考えるべきだと思ったからだ。家族にも「カープに戻るかもしれない」という話だけはしたが、相談はしなかった。

自分一人で、とにかくずっと悩んでいた。もう二度と着られないと思っていたカープのユニフォームをもう一度着ることができる喜び。その一方で、どのツラ下げて戻ればいいんだ、という不安。FAでカープを出る時も相当悩んだが、それ以上に悩んだといえるかもしれない。

黒田さんも背中を押してくれた

黒田(博樹)さんとも、相談ではないが、移籍について何度か話をしていた。黒田さんは2歳上の先輩で、前にカープに在籍していた時からいろいろ面倒をみてもらっている。先輩なので、波長が合うという言い方は違うかもしれないが、共感することが多いし、基本的な考え方は同じだと思っている。

カープでは、黒田さんが務めた選手会長の座を、僕が引き継いだ。Bクラスが続くチームで、一緒に苦労した同志のような存在だった。お互いにカープを離れてからも、頻繁に連絡は取り合っていた。

「お前、どうするつもりなんだ?」

電話でのやりとりで、黒田さんにこう聞かれた。その時は、まだ黒田さんも自身のことについて、何も決めていない時期だったが、僕のことを心配してくれているようだった。

「帰りたいけど、帰れないです」

そう答えるしかなかった僕に、黒田さんはきっぱりと言った。

「関係ないやろ」

僕は何も言えなかった。

「帰ればいいんだよ。関係ない。大丈夫だ」

背中を押された気がした。僕の気持ちは、徐々にカープに戻る決断に向かっていった。

たとえファンの人たちの罵声を浴びても、周囲の人に批判されてもいい。ブーイングの中でグラウンドに立って、野球をやることになっても仕方がない。カープに帰ろう。僕は決断した。

次ページ自分を追い込む
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT