カープ新井が独白!「元職場」で生きる覚悟

2000本安打を達成した39歳の熱い思い

結果をいえば、2015年のカープは、わずか1勝の差でクライマックスシリーズ進出を逃した。とても悔しい思いをした、しかしその一方で昨年は、とにかくファンへの思いが大きくなった年だった。

「元職場」に戻った僕の決意

『赤い心』(KADOKAWA)には新井選手の「カープ愛」が綴られている(上の画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

一度はカープを離れた自分に対して、これだけの声援をくれ、応援してもらえる。これほどの感動をもらったのだから、今度はファンの人たちにお返しをしなければならない。自分のプレーで、バットでファンを喜ばせてあげたい。

そんなファンの人たちが一番喜ぶのは何か。試合に勝つこと、そして20年以上も遠ざかっている優勝をすることだ。優勝して、ファンに喜んでもらいたい。

プロに入って一度も優勝を経験したことのない自分が、ファンに優勝の喜びを与えたい、というのはおかしな話かもしれない。でも間違いなく、今はそのためだけに野球をやっている、と断言できる。

勝ちを求めて移籍したタイガースでも結局、一度も優勝は経験できなかった。40歳も目前になり、自分もある程度、先が見える年齢になった。残りの野球人生でやり残したこと、やはりそれは優勝しかない。

もう絶対に戻ることはない、戻れないと思っていたカープで優勝できれば、これ以上の幸せはない。帰ってきた自分に対して、これだけ応援してくれるファンへの「感謝の気持ち」を形にするためにも、故郷の広島で最後の勝負をしたいと思っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT