カープ新井が独白!「元職場」で生きる覚悟

2000本安打を達成した39歳の熱い思い

他球団からのオファーも、人づてには聞いていたが、もうそれは選択肢にはなかった。年俸面などで厳しい条件になるとか、そういうこともいっさい頭になかった。「帰ってこい」と言ってもらえただけで、本当に嬉しかった。それで十分だ。そして何より、復帰を決断した一番の理由は、やはり自分はカープが好きだ、ということだ。これだけは間違いない。

「これでケガをしたら仕方ない」という覚悟

カープを離れて8年が経っていたが、チームの印象はあまり変わっていなかった。若い選手が多くなったというのはあったが、雰囲気は何も変わっていなかった。チームには自然と合流できた。なんとか受け入れてもらえたと思った。後はファンの人たちだ……。

「中途半端な気持ちで帰ってきたわけじゃない」

キャンプでは首脳陣はもちろん、チームメイトにも、ファンにもそれを示したかった。ぎりぎりまで、自分をガンガン追い込んで、それでケガをしてしまったら仕方がない、というぐらいの気持ちでやった。

年齢とともに、筋力的なものは間違いなく衰えている。だからここ数年は、キャンプは調整の場、という気持ちもあったが、この年に限ってはケガをしてダメになったら、もう野球をやめる、一軍で戦力になれなかったら引退する。本気でそう思って練習に取り組んだ。

それぐらい覚悟を決めて帰ってきたということを、若い選手にも、昔一緒にやっていた選手にも、裏方さんにもわかってもらいたかった。最初の頃は若手も、「新井さんはどんな感じでやるのだろう?」と見ていたはずだし、実際に見られている感もすごくあった。

肉体的には本当にキツくて、しんどいキャンプになったが、精神的には、ここ数年感じられなかったほど、充実したキャンプだった。

心配していたファンの人たちの反応も、自分が思っていたのとは違っていた。キャンプが始まると、ファンの人たちは、とても温かく迎えてくれた。罵声どころか、「お帰りなさい」と言ってくれた人もたくさんいた。驚いたのを通り越して、感激してしまったほどだ。

次ページ僕の決意
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT