新幹線、地震の「死傷事故ゼロ」は幸運だった

それでも安全対策は万全といえるのか

熊本地震に襲われたJR九州でも、基本的にはJR東海と同様、脱線防止ガードと逸脱防止ストッパの組み合わせだ。ただ、設置が進んでいない。脱線防止ガードの設置は全体の1割弱の48キロメートルのみ。逸脱防止ストッパの設置は、JR九州が保有する20編成中、13編成にとどまる。今回脱線した場所には脱線防止ガードが設置されておらず、脱線した車両に逸脱防止ストッパは設置されていなかったという。

今回の脱線事故については、国の運輸安全委員会が調査中。中越地震で逸脱対策が講じられたように、熊本地震を契機に、さらなる対策が打ち出されるかもしれない。

地震対策は海外展開の武器になる

今回の脱線箇所は、熊本駅からそれほど離れていない。すべての列車が熊本駅に停車するため付近で高速走行はしない。つまり脱線防止ガードの優先度が高くない場所だったといえる。ただ、脱線を防ぐためには、こうした場所にも脱線防止レールの設置が必要かもしれない。むろん、コストがかかる話だが、安全性は高まる。

JR東海の脱線防止レールの設置計画は全線の6割だが、さらなる設置の可能性については、「現在の工事の進捗状況や、今回の運輸安全委員会の知見を踏まえて、決定したことがあればお知らせする」としている。

工学院大学の曽根特任教授は「新幹線対策はまだまだ万全とは言い切れないが、世界の高速鉄道で地震対策を講じているのは日本の新幹線くらい」と言う。現在進んでいる案件でも、米国サンフランシスコ-ロサンゼルス間をはじめ、地震リスクを考慮すべき路線はいくつもある。ここまで培ってきた地震対策の蓄積は、新幹線を海外に輸出する際にも、大きな武器になるに違いない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。