なぜJR東海の駅に「みどりの窓口」はないのか

「きっぷうりば」に名称統一して案内表示

JR東海の駅には「みどりの窓口」が見当たらず、窓口は「きっぷうりば」と表示されている(写真:しん / PIXTA)

前回、私が書いた「きっぷ」と「切符」の違いの記事でも述べたが、駅には様々な案内表示がある。私はある日、JRの駅ではお馴染みの「みどりの窓口」の、あの「緑色の看板とロゴマーク」を探し、東京駅構内を歩いていた。目の前にJR東海の窓口が見えてきたとき、今まで気にも留めていなかったあることに気が付いた。

JR東京駅は、JR東日本とJR東海の駅である。この2つの会社は、それぞれの「窓口」を持っている。私が見つけたJR東海の窓口の入口には、白いシンプルな看板に「JR全線きっぷうりば」と表記があった。
あの「緑色の看板とロゴ」はどこにもない!

「みどりの窓口」が消えたワケ

画像を拡大
北海道新幹線新函館北斗駅の「みどりの窓口」の表示

一方、JR東日本の窓口には「みどりの窓口」との表記がある。私は以前、JR西日本の「みどりの窓口」で働いていたのだが、JR西日本もやはり「みどりの窓口」と表記している。

指定席の発売ができる窓口は「みどりの窓口」の愛称で長年親しまれてきたのだが、JR東海がそれを使用しなくなった理由が気になった。そこで早速、JR東海に聞いてみた。

JR東海によると、元々「みどりの窓口」とは、国鉄時代に指定席の発売が出来る窓口の愛称として運用していたものだ。

次ページ理由は実にシンプルだった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。