光岡自動車が三輪小型電気自動車を発売

光岡自動車が三輪小型電気自動車を発売

富山県の自動車メーカー、光岡自動車は小型電気自動車「雷駆(ライク)−T3」(写真上)を10月18日から発売する。ライク−T3は、前1輪、後2輪の三輪電気自動車で、定員は2人、最大積載量は100キログラム。
 
 見た目はゴルフ場のカートのようだが、車両としては排気量250cc未満の側車(サイドカー)付き二輪車の扱いだ。車検・車庫証明は不要。運転免許は普通車でヘルメットの着用は必要ない。二輪免許では運転できない。実用上の安全性を考慮し、リミッターで最高速度は時速50キロメートルに制限、高速道路の走行は不可だ。航続距離は小容量バッテリータイプが40キロメートル、大容量バッテリータイプが60キロメートル。

価格は129.5万~143.5万円で、経済産業省の補助金30万円を得られるため、実質99.5万円からになる。

光岡自動車の光岡進会長は「軽トラックと原付四輪の中間カテゴリーの車種として、都市部での宅配用などの市場を開拓したい」と語る。

すでに佐川急便を傘下に持つSGホールディングスグループ(以下、佐川)が試作車を購入、京都市内で2台試験運用を行っている(写真下)。佐川では1年間をメドに消耗状況や安全性、CO2排出量削減効果、運用コストなどの検証を進める計画だ。佐川では、8000台の軽トラックを運用しており、これらのうちの一部を電気自動車に置き換えることで、効率化と環境対応を図りたい考えだ。5年償却を前提に、荷台や塗装等の改造コストを含め車両価格が100万円台前半に収まれば実用可能と見込んでいる。

光岡自動車では、当面は運送会社など向けに小口の受注を受け付け、月に10台程度を生産、2013年3月までに50~100台程度を販売したい考えだ。もちろん「この台数では赤字」(光岡会長)なので、2013年度は年間1000台規模にまで拡販を目指している。


佐川グループも電気自動車の活用に意欲

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT