デキないオトコのPDCAはなぜイケてないのか

リズム感が悪いので「ぐちゃぐちゃ」します

リロンでなくリズムで身に付けるお作法

① DCAP (ディーキャップ

「裏から入る」リズムみたいに、Do(実行)から始めるPDCAリズムの進化版です。とりあえず最初の1件を試しにやってみる。試した結果を評価して(Check)、仕事の仕方を調整(Action)。仕事の仕方がつかめたら、ちょっと先まで予定を立ててまた試す……という、まったく新しい仕事を始める時に効果的なリズムです。

② 即興PDCA

ゲンバを歩き回り、その場で話してその場で考える。Plan Do Check Actionとは違う即興型の新しいPDCA
P 〜 PuraPura :ぷらぷらゲンバを歩く
D 〜 Do-Yoh:どうよ?とメンバーに声をかける
C 〜 Chot to:ちょっと聞かせてと、メンバーが困ってたら話を聞く
A 〜 Action:メンバーとその場で対策を話し合う
リーダーがチームのやる気や生産性を上げたい時に便利なリズムです。

ビジネスの世界では、DCAPリズムにあたる「リーンスタートアップ」という理論があります。即興PDCAリズムと同じ内容の「マネジメント・バイ・ウォーキング・アラウンド」という理論があります。どちらも頭で考えると難しい。デキる人はマネジメントのお作法を、リロンじゃなくリズムで身につけるから、うまく実践できるのかもしれません。

仕事がデキる人は、仕事のリズムが良い。音楽だけじゃなくて仕事もリズムが必要なのは、「相手」がいるからだと思います。相手やゲンバに関心を持って、相手と息を合わせることが、音楽も仕事も大事。音楽の帝王とも言われた人の残した言葉を思い出します。

相手の音楽を理解するっていうのは、その人間を理解するってことじゃないか。  〜マイルス・デイヴィス

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。