デキないオトコのPDCAはなぜイケてないのか

リズム感が悪いので「ぐちゃぐちゃ」します

① 自分ごと

デキないオトコはゲンバに関心を持ちませんが、デキる人は「その仕事ってどうやってやるの?」が口ぐせ。ゲンバに興味を持つので、「他人ごとじゃなく自分ごと」としてゲンバの仕事を理解する。毎度の細かい報告や説明が不要になるので仕事にリズムが生まれやすい。

② 「Plan」に時間をかけない

デキないオトコは立派な計画を提出させるのが大好きですが、デキる人は違います。「その仕事ってどうやってやるの?」、「それってざっくり1件あたりどれくらいかかるの?」「じゃあ、〜日間でやってみようか?」と対話しながらざっくり素早く計画。すぐDoにとりかかれる。

③ 「A」がオトコマエ

PlanDoCheckの結果、計画通りじゃなければAction(対策)です。デキないオトコの対策は「がんばります」だけ「数字いじり」の机上の空論になりがち。デキる人は3つの選択肢から割り切りが明確で説得力のある、オトコマエな対策を選びます。

(1) 削る:やるべき仕事の内容を削り、仕事量を軽くして間に合わせる
(2) 他を止める:優先度の低い他のタスクを延期したり止めて、人を増やして間に合わせる。
(3) 遅らせる:他のタスクが優先度高いので、遅れたままリスケする。

 

対策が実行可能なので、Actionからチームのリズムが生まれやすい。

相手とリズムを合わせるのが、デキる人のPDCA。デキる人にとってPDCAとは「回す」というより「いっしょに踊る」というイメージのようです。

デキる人を観察していてさらに発見したことがありました。デキる人は仕事のリズム感が良いので、PDCAの別バージョンのリズムも使いこなせることです。PDCAの別バージョンリズムは、2種類あります。

次ページ音楽の帝王に学ぼう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。