ピュリツァー賞、AP・ロイター・NYTなどが受賞

第100回を迎えた米報道界最高栄誉の賞

 4月18日、米報道業界で最高の栄誉とされ、今年で第100回を迎えたピュリツァー賞。ニュース速報写真部門では、欧州の難民危機を報道したロイターとニューヨーク・タイムズが共同受賞した。写真はトルコからギリシャ・レスヴォス県に辿り着いたシリア人難民親子。昨年9月撮影(2016年 ロイター/Yannis Behrakis)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米報道業界で最高の栄誉とされ、今年で第100回を迎えたピュリツァー賞が18日発表され、公益部門では水産業界の労働実態を報道したアソシエーテッド・プレス(AP)が選ばれた。ニュース速報写真部門では、欧州の難民危機を報道したロイターとニューヨーク・タイムズが共同受賞した。

速報報道部門では、カリフォルニア州サンバーナディーノで起きた銃乱射事件を報道したロサンゼルス・タイムズ紙が選ばれた。

APの報道は、米国のスーパーやレストランに水産物を供給するために東南アジアで行われている過酷な強制労働の実態が報道され、2000人の労働者の解放や労働環境の改善につながった。

ロイターの写真報道は、壊れそうな小舟に詰め込まれるように乗った難民が中東から欧州に向かい、やっとたどり着く様子を一連の写真でカバーした。

ロイターのギリシャ・キプロス担当のチーフ・フォトグラファー、ヤニス・バーラキス氏は「何が起きているかを世界に示した。世界はそれに関心を寄せた。ヒューマニティーが依然生き続けていることが示された。こうした不運な人々の声を届けることができた。今回ピュリツァー賞に選ばれ、われわれの仕事がプロとして認められたと感じている」と述べた。ロイターがピュリツァー賞を受賞するのは3度目。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT