あなたの知らない 北海道の歴史 山本博文監修

あなたの知らない 北海道の歴史 山本博文監修

もともと北海道は、アイヌ民族の居住地で日本の領土ではなかった。江戸時代の松前藩は、アイヌ民族との交易で成り立っており、そのため領地を拡大することはなく、幕府も蝦夷地は日本でないとの認識だった。つまり、幕藩体制下の北海道は、倭人とアイヌが混在する地域だった。このように北海道は、本州とは違う独特の歴史をたどってきた経緯がある。本書は、ある意味、外国ともいえた北海道の歴史をひもとく。

蝦夷地や樺太は、どのように開拓されていったのか。日本とロシア・中国との交易を仲介していたアイヌの存在。三度も蝦夷地に渡った「遠山の金さん」の父など、知られざるエピソードが多数紹介されている。

洋泉社歴史新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。