磯野家が直面!波平の「遺品整理」のリアル

カツオ41歳独身に降りかかった大問題

また、遺品を片づけると、単純相続とみなされることがあります。相続放棄をする可能性があるときは、片づける前に弁護士や税理士に相談するといいでしょう。

生活エリアを片づける目線は「下から上」

プライベートな物の片づけ、生活エリアに近づいてくると、途端に親のガードが堅くなります。

早川:「玄関から廊下、窓付近は生活動線。物につまずいたり、いざと言うときの逃げ道がふさがれていたりしたら危険ですね」

フネ:「そうだねえ、地震がきたら逃げられないしね」

早川:「廊下に積んである物が崩れて、トイレに閉じ込められたら大変ですよ」

フネ:「ここにある物で捨てる物は一切ないんだけどねえ……」

早川:「使わない物は一時保管箱に収めて移動するだけですから、安心してくださいね」

片づけるときは目線を「下から上」へ移すといいでしょう。まず目線を「下」にし、生活動線上にある床置きの物を一時保管場所へ移動させます。防災目線で家から脱出する避難動線もイメージするといいでしょう。

高齢になると、なんでもないところでつまずく危険性があります。「今までは大丈夫だったから」と言い張る親御さんがいらっしゃるでしょうが、ここは安全面を強調して、何も置かない状態に近づけていきましょう。

また、高齢になるとお手洗いも近くなりますので、トイレから寝室までの動線は、必ず確保します。続いてキッチン、リビング、寝室の床置きの物を一時保管場所に移動させます。

床置きがなくなったら、目線を「上」に移します。食器棚やタンスの上、寝室の頭の上にある物をなくしていきましょう。使わない物は「落ちてきたら危険」と親に伝えて、一時保管箱に移動していきます。

特に寝室は、一日の3分の1を過ごす場所です。安心して過ごせるようにするにはどうしたらいいか、親子で考えるといいでしょう。元気なうちに、介護ベッドなどが入っても大丈夫なくらい、余裕のあるレイアウトにしておくのが理想です。

次ページキッチン、茶の間の片づけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング