追加融資獲得でもなお残るシャープの懸念

追加融資獲得でもなお残るシャープの懸念

シャープは9月27日、主力2行(みずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行)と、シンジケートローン(協調融資)契約を締結した(28日に適時開示)。資金繰りの悪化が懸念されていたが、これによりひとまず、今2012年度末までの資金繰りにメドがつく。

今週24日、シャープは主力2行を含めた既存の取引金融機関に「実抜計画(実現可能性の高い抜本的な経営再建計画)」を示し、支援を願い出た。26日にはメインバンクのみずほCB、27日には準メインの三菱東京UFJがそれぞれ、「シャープが提示した実抜を踏まえ追加融資に応じる」(主力行関係者)と機関決定した。2行は27日、タームローン1800億円の融資(A)と、1800億円の融資枠設定(B)に踏み切った(A、Bとも契約期間は9月28日から13年6月30日まで)。タームローンとは、企業が金融機関から資金を借り入れる際に、金額や金利、機関、返済方法などを契約書に明記する手法である。

すでに8月末、主力2行は1500億円の追加融資(融資枠設定)を実施していた。8月末の融資は、今回、組成し直したシンジケートローンに含まれるため、主力2行による今期の融資総額は3600億円となる。

9月時点ではさしあたり2行での融資となっている。シャープと主力2行は、りそな銀行や地方銀行、生命保険会社など他の金融機関へ参加を呼びかけており、「10月以降、タームローン(A)については負担を分担したい」(主力行関係者)としている。融資枠(B)は主力2行が貸し出しの可否を都度判断する「アンコミット型」として設定された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。